行動の基本となるABC

シェアする

自閉症のお子さんの家庭療育ミニ講座

療育の大戦略は、
・必要な生活スキルをつけていく
・問題となる行動を抑制していく
ですね!

その両方に対して、お母さんお父さんにABA(応用行動分析)の知識があると、とても役立ちます。

ABAは、Applied Behavior Analysis の略で、日本語で言うと【応用行動分析】です。

中には、「私はTEACCHや視覚支援を軸にしているので、ABAは必要ない。」という人がいるかもしれません。しかし、TEACCHや視覚支援でもABAの知識は役に立ちますし、その知識があったほうがTEACCHや視覚支援での療育の効果が高くなります。

ABAの基本中の基本は、【強化原理】と呼ばれるものです。

まず、
お子さんの行動に対して、
その直前の状況や出来事と
行動の直後の出来事を
考えます。

行動の直前の出来事のことを【先行事象 】と言い、英語では、Antecedentと言います。
お子さまの【行動】は、英語では、Behaior と言います。
そして、行動の直後の出来事のことを【後続事象】と言い、英語ではConsequenceといます。

この枠組みのことを、
その頭文字をとって、
ABCと言います。

行動(B)を直前の出来事(A)と直後の出来事(C)で挟み撃ちにして、
AとCをうまくコントローしながら、
望まれる行動(B)を増やしていく。

それが【強化原理】です。
そんな手法の集大成が、ABAなのです。

褒めて(C)、伸ばす(B)、
という手法ですね。

基本はいつも簡単ですね。

そして、とても強力な手法でもあります。

あなたは、お子さんを褒めていますか?

1日何回、お子さんを褒めていますか?

10回は褒めてあげましょうね(^-^)

出来て当たり前のことでも、褒めてください!

お子様の成長と
ご家族のゆとりのために!

古林 紀哉