療育・支援手法

自閉症の療育手法と支援手法

TEACCH・構造化

自閉症支援プログラム TEACCHの概要(素晴らしい点や惜しい点)

TEACCH(Treatment and Education of Autistic and Communication-Handicapped Children)は、自閉症スペクトラム障害(ASD)の人々がより独立して生活するための支援...
ABA(応用行動分析)療法

自閉症の子どもへの般化/汎化の支援は必要なのか?

自閉症の子どもに一つのスキルを教えた後、そのスキルが身についていても、相手の人や場面が少し変わっただけで、出来ていたことが出来ないという状況がよく起こります。 なので、一つのスキルを身につけた後、同じスキルを指導者を変えて練習したり...
ABA(応用行動分析)療法

長瀬氏独自の手法は応用行動分析に基づいているのか、それとも別物なのか? (俗に言う福岡障害者施設監禁事件の波紋)

2022年7月20日、自閉症支援の業界に激震が起こりました。 この事件の直後に、理事長の長瀬氏が施設で行っていた行為が「応用行動分析に基づいているのか、別物なのか」と言う議論が起こりました。 報道やSNSでは、 ...
スケジュール表

自閉症の子どもの行動を促すプロンプトをフェードアウトする方法

プロンプトという言葉をご存知ですか? ABA(応用行動分析)による自閉症の子どもの支援や療育を少し習うと、プロンプトという言葉が登場します。 プロンプトを簡単にいうと、子どもが望まれる行動をなかなかしない時に、その行動を促す補...
強度行動障害

行動障害を100時間で解消した手法とは?長瀬法を応用行動分析のモデルで解説 (俗に言う福岡障害者施設監禁事件の一側面)

2022年7月20日、自閉症支援の業界に激震が起こりました。 理事長の長瀬氏が施設で行っていた行為を正しく理解できる人は、専門家でも少ないと思います。そこで、この業界の人ならば専門知識が少なくてもわかるように、優しく解説...
タイトルとURLをコピーしました