自閉症スペクトラムの子ども育てているご家庭のために – サイト案内

【ザ・プロンプト】は、自閉症スペクトラムの子どもを持つお母さんやお父さんが行う支援が成功することを手助けするサイトです。

あなたの希望は何ですか?

  • 子どもを小学校の普通学級に入学させること。
  • 子どもが毎日、特別支援学校に通ってくれること。
  • 子どもが将来、働いてくれること。
  • 子どもが将来、一人暮らしできること。

お子さんの障害の程度によって、お母さんやお父さんが子どもに望むことは違ってきます。今お子さんの出来ることが少ないとか、今日の生活でさえ問題行動で困っているからと言って、諦めてはいけません。

優先順位を見せてあげて、出来たことを褒めてあげると、あなたの子どもは立派に成長します。

これまでうまく行かなかったのは当たり前です。

自閉症の子どもは、私達が両親に育てられたように育てても、上手く育ってくれません。療育の先生のアドバイスを家でやってみても、思うようには成長してくれないのでは無いでしょうか。自閉症の療育の本に書いてあることは、簡単そうに見えて、実際にやってみようとするととても難しい内容ばかりです。

立派に成長させる方法はあるのです。

自閉症スペクトラムの子どもの支援方法には様々なものがあります。一つの支援方法の中でさえ、効果的な方法がたくさんあります。しかし、たくさんありすぎて普通のお母さんやお父さんにとっては、どれから始めていいのかが良く分からないと思います。私もそうでした。また、本当は重要なのに、こんな支援は必要ないと思える内容もたくさんあります。
幼児から大人になっても最も重要なことは、「優先順位を見せてあげて、出来たことを褒めてあげる」ことです。成長段階のそれぞれで、立派に成長していきます。

パニックや問題行動も無くなります。

私の三男は重度の自閉症です。私の家庭でも、始めは何もわかっていなくて、色んなことを試してみました。やめてしまった支援もたくさんあります。結果的に続けていることは、優先順位を見せてあげることと、出来たことを褒めてあげることです。毎日のように起こっていた、パニックや問題行動もすっかり無くなりました。

見せる支援に道具は必須です。

自閉症スペクトラムの支援では、絵カード、スケジュール表、カレンダーを使うことが王道です。見せる支援がないと、自閉症スペクトラムの子どもは育ちません。「見せる支援」と言うのは簡単に聞こえますが、実際にそれを準備しよとすると、お母さんやお父さんには大きな負担がかかります。
このサイトは、見せる支援の準備を簡単にすること、見せる支援をもっと効果的にするような情報をみなさんに提供します。

もう一度言います。

優先順位を見せてあげて、出来たことを褒めてあげると、あなたの子どもは立派に成長します。

元々、プロンプトとはABA(応用行動分析)での用語です。ABAの手法は自閉症療育でもよく使われます。プロンプトとは、行動を成功させるための補助的な刺激です。

私は、自閉症スペクトラムの子どもを持つお母さんやお父さんが行う支援が成功することを手助けしたく、このサイトに「ザ・プロンプト」と言う名前をつけました。

編集長からのメッセージ

koba01

古林紀哉からのメッセージと略歴はこちらをご覧ください。

運営会社概要

社名 株式会社 古林療育技術研究所
所在地 横浜市青葉区
代表者 古林 紀哉

運営会社概要の詳細はこちらをご覧ください。

 

プライバシーポリシー

当サイトのプライバシポリシーはこちらをご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました