自閉症の子どもを叱っても効果がない理由。ではどうすべきか?

自閉症の子どもは、何かとやらかします。ついつい叱ってしまいます。というか、叱らないとその場をコントールできないので、叱らざるを得ないんですね。そしてまた、子どもは同じことをやらかします。大人は子どもをまた叱ります。

なぜ、自閉症の子ども叱っても効果がないのでしょうか?

もっと正確にいうと

  • どうして、健常な子どもは何回か叱ると、その後やらなくなるのでしょうか?
  • また、どうして自閉症の子どもは何回叱っても、その後またやってしまうのでしょうか?

そして私たちが知りたいのは、どうやったら自閉症の子どもがそのことをやらかさなくなるのか、ですよね。

今回は、それらを順を追って解説します。

それを解く鍵は、自閉症児と健常児の「見通し」の違いです。また「見通し」かぁ、と思った人もいるでしょうね。でもやっぱり、重要な鍵は見通しなんです。

子どもを叱ると、その時はやめてくれる理由

仮に、子どもが洗面台でずっと水を流して遊んでいるとしましょう。お母さんお父さんにとっては、やって欲しくないことですよね。

子どもが水遊びを続けていると、お母さんに見つかってしまいました。お母さんは、子どもを叱ります。でも子どもは水遊びを続けます。お母さんは叱り続けます。

水遊びをやめると、お母さんも叱るのやめます。子どもは叱られるという嫌なことがなくなるので、水遊びをやめます。その時は。

叱らないで、その行動をやめさせる方法(従来法)

ABA(応用行動分析)と呼ばれる手法があります。動物や人間の行動を変えていく手法です。十数個の手法の塊です。褒める事も一つの手法です。叱ることも一つの手法です。他にもまだまだ手法があります。

叱る手法以外の手法で、その行動をやめさせるのです。代表的には、「消去」とか「代替行動分化強化」などを使います。

従来のABA的手法が効果の薄い理由

ABAの手法の中で、叱る事は強い効果があります。叱ることに比べると、他の手法は効果が弱いのです。弱い手法を使っても、効果が低いのは当たり前ですよね。

それ以前に、子どもにとって水遊びは楽しいことなんです。いつも「楽しい」というアクセルが踏まれています。時々、やめさせる手法でブレーキを掛けたって、ブレーキを緩めるとまた加速されます。

健常児を何回か叱ると、その後、やらなくなる理由

健常児は、何回か叱られると、「水遊びをすると、お母さんに叱られる」という見通しを頭の中に描くようになります。

健常児が洗面台に近寄った時に、頭の中では無意識に自動的に「水遊びをすると、お母さんに叱られる」という見通しが立つのです。叱られるのは嫌なことなので、水遊びを始めません。

ところが、自閉症の子どもは「見通し」を立てるのが苦手です。洗面台に近寄った時に、「やると叱られる」という見通しは立ちません。洗面台を見ると「水遊び=楽しい」というその場だけのことが、頭の中を支配します。だから、お母さんに見つかって実際に叱られるまで、水遊びを続けます。

自閉症児を叱らないで、その後、やらなくさせる方法

自閉症の子どもだって、「やると楽しい」という見通しが立っていると、そっちをやります。ただし、お母さんが言葉で見通しを教えてあげても、子どもはその見通しを頭の中に保持できません。

ところが、見せてあげた見通しは、きっちり理解できます。たとえ喋れなくても、重度の自閉症の子どもで、見せてあげた見通しは理解できます。

洗面台には、イラストで

  • ×洗面台で水遊び
  • ○リビングでおもちゃ遊び

を見せてあげてください。

自閉症の子どもは、見せられた見通しが優先します。だから、叱らないでも、リビングでおもちゃ遊びに誘導されます。

まとめ

ポイントは、

  • お母さんにも迷惑でない。
  • 子どもも楽しい。

という、良い見通しを見せてあげることです。

見通しは言葉で教えてあげても、子どもは頭の中に保持できません。見通しは必ず見せてあげてください。

良い見通しに誘導する機会が増えると、やって欲しくないことは少なくなります。

そして、叱って子どもをコントロールする場面も減っていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました