その発明の名は?「おしまい箱」「終了ボックス」

シェアする

みなさんのご家庭でお子さんがスケジュールを使うとき、
あの箱はどうしていますか?

そうです、「あの箱」です。

英語では、
finish box
(フィニッシュ・ボックス)
と呼ばれます。

終わった行動や課題のカードを
入れるための箱です。

この箱があって
「終わったら、箱に入れる」
というルールを定着させると、

1)行動するときに、絵カードを操作するので、
教えている段階では、
絵カードの意味を早く認識する。

2)次にする行動のカードが
スケジュールの一番上に
いつもある。

という効果があります。

「スケジュールを使っても、効果がないんですよね」
という、お母さんや指導者が使っているスケジュールを
見せてもらうと、、、、
ほとんどは、貼りっぱなしのスケジュールです>_<。

フィニッシュボックスは、発明と言えるほど、
重要な役割を果たすのに、日本語になると名前が決まってません。

書籍や資料を見直してみると、

・一般名詞だけで説明

箱に入れます。
カゴに入れます。
ボックスに入れます。

・英語をそのまま

フィニッシュボックス

・訳語的な使用

終了箱
おしまい箱
終了ボックス
おしまいボックス
終了BOX

が、見られます。

名前が無いものは認識されないので、
私たちはついつい、終了ボックスの用意を忘れてしまいます。

おそらくですね、TEACCHの専門家もちょっと軽視しているんでしょう。
重要視していたら、言葉に出ることが多く、自然に呼び方が統一されるものです。

この先、どんな名前で定着するかはわかりませんが、
「終了ボックス」を使ってない方は、
この機会にぜひ調達してください。

子どもの成長と
家族のゆとりのために!

古林 紀哉