自閉症の子どもに何かのスキルを教えた時に、人が変わるとできないのはなぜ?(その2:嫌子出現の阻止による強化)

自閉症の子どもに何かのスキルを教えた時に、人が変わるとできないのはなぜ?(その2:嫌子出現の阻止による強化)

その人が近くにいるときは、子どもはチャンと出来るのに、他の人だとなかなかやらない!

そんな状況はよく起こります。

Aさんが子どもに何かのスキルを教えたとしましょう。今回のスキルは、生活スキルであったり、まあ、お作法的なスキルのことが多いです。例えば、手を洗う、物を決められた場所に置く、お片づけする、、、などなど。

もしもAさんが、学校の先生、療育の先生などの指導を職業としている人だと、、、タチが悪いです。他の先生の時は、子どもはやらないので、他の先生から見たらAさんは上手な先生に見えます。Aさん自身も「私は指導が上手だ!」と勘違いします。Aさんは、自分がいない時に、子どもがちゃんと出来なくても困らないのです。子どもが下校または降園した後は、Aさんの責任範囲ではありませんからね。

しかし、子どもの親はそれでは困るのです。

Aさんが、自宅まで来て面倒見てくれることはないですからね。

親としては、親と一緒にいる時もそのスキルが出来てほしいし、親がいない時でも、そのスキルが出来てほしいのです

なぜ、Aさんが教えて、Aさんが近くにいるときは、子どもはちゃんと出来たのでしょうか?

Aさんが子どもに教えました。教えた時には、指示を出したり、手添えで一緒にやってあげたりしたと思います。いわゆるプロンプトですね。何度も同じ練習をして子どもは出来るようになったので、そのスキル自体は身につけました。

子どもが自発的にそのスキルをやるところまでは来ていません。Aさんは子どもに指示を出します。もし、子どもがやらなかったら、Aさんはまた指示を出します。子どもがやるまで、指示を出し続けます。(時には、Aさんは怒り出すかもしれませんね。) 子どもはその指示が嫌なんです。子どもにとっては、このままだと嫌なことが続くので、しぶしぶそれをやるわけですね。もう一歩進むと、Aさんが近くにいると、そのうち嫌な指示が出てくるので、指示が出る前に、子どもはそれをやります。

そんな状況は、ABA(応用行動分析)の専門用語でいうと、「嫌子出現の阻止による強化」が起こっている状況です。

(Aさんはいなくて)Bさんが近くにいるときは、Bさんは弱い指示しか出しません。Bさんは怒り出したりもしません。すると子どもは、嫌な指示は出てこないので、そのスキルを自発しないのです。

このような時、多くの人は、「プロンプト依存」とか「指示待ち人間」などの言葉で表現します。(子どもにとっては、失礼な言い方ですよ。あんたの教え方が身勝手なので、子どもがそうなったんですよ! と、私は言いたいですね。)

ほとんどの人は、子どもに指示を出して、子どもが行動した後に、ほったらかしにしてます。子どもが行動した直後に、子どもを褒めていません。行動の直後に褒めないと、本当に指示に依存します。

行動の後に褒めていると、その行動は自発するようになっていきます。

そんな状況は、ABA(応用行動分析)の専門用語でいうと、「好子出現による強化」が起こっている状況です。これが最も基本的な支援です。

褒めることで、行動を強化していると、子どもの自発は増えていきます。すると、指導者が指示を出す必要性が減っていきます。自然に、プロンプトの量が減っていくのです。正しい強化(褒めること)が、プロンプトを減らす唯一の方法です。

指示を出して、子どもが行動したら、直後に必ず褒めましょう!

そうしていると、特定の人が近くにいないと出来ない、という状況は少なくなっていきます。子どもの自発を引き出すためには、とにかく、行動の直後に褒めることです。

 

視覚支援で子どもは成長します!
古林紀哉

自閉症の子どもに何かのスキルを教えた時に、人が変わるとできないのはなぜ?(その1:般化)
今回は般化(はんか)のお話です。 自閉症の子どもに何かのスキルを教えるとしましょう。話を単純にするために、自閉症の子どもと教える人が向き合って机に座って教えているとします。例えば、マッチング(絵カード合わせ)としましょうか。 教...

コメント

タイトルとURLをコピーしました