自閉症の療育に必要なツール

自閉症レクチャーノート - 自閉症の療育に必要なツール

今回は、自閉症の療育で用いるツールを見ていきます。教材とか、支援グッズと呼ばれることもあります。まずは図を見て、全体感を捉えてください。

ABA(応用行動分析)では、子供に目標となる行動をさせて、その直後に好子(「強化子」とも呼ばれます)を与えて、その行動を強化します。ごく簡単に言うと、ちゃんと出来たら、ご褒美をあげるのです。そのご褒美は、おやつであったり、ミニカーやお人形のように子どもの好きなおもちゃであったら、笑顔で褒めてあげることであったりします。

ABAの療育の初期は、マッチングと模倣が多くを占めます。マッチングには、フラッシュカードと呼ばれる絵カードを主に用います。模倣は、指導者の手や体の動きを子供に真似させる練習です。

スケジュールと視覚支援では、絵カードやスケジュールボードが欠かせません。視覚支援の言葉でも分かるように、子供に重要な情報を見せて支援します。生活動作のイラストを絵カードにしたり、生活ルールを絵カードにして子供に見せます。字が読めるお子さんには、文字でスケジュールや生活ルールを見せることもあります。

感覚統合で使うツールは2つのグループに分かれます。一つ目のグループは、適度な運動を楽しく行うための運動用具です。もう一つのグループは、外部刺激を遮断するためのグッズです。代表的なものに、音を遮断するイヤーマフがあります。

言葉で説明するよりも、図を見た方がイメージしやすいと思います。

どのツールも一見簡単な物、単純な物に見えますよね。幼稚なツールに感じる物があるかもしれませんが、ナメてはいけません。どのツールも、それぞれの療育手法の専門家が研究に研究を重ねて、出てきたものです。それらのツール無しには、療育手法の期待される効果を引き出すことはできません。

 

参考ツール

視覚支援1-2-3で全てが変わる【本当の自閉症支援とスケジュール表】(191113)
自閉症・発達障害の子どもを持つお母さんへあなたは、お子さんが朝のお支度が思うように進まないとか、パニックになることが多いとか、何度も何度も同じ事を聞いてくるとか・・・、と悩み続けて疲れ切っていませんか?療育上手なお母さんは、ご家庭でスケ...

関連レクチャーノート

なぜ自閉症の療育は難しいのか?
皆さんは、多かれ少なかれ毎日のように自閉症の子どもの支援をしていると思います。そこで皆さんの感じるのが、自閉症の療育は難しいと言うことです。 なぜ、自閉症の療育は難しいのでしょうか? なぜ、難しいと感じるのでしょうか? ...
なぜ自閉症の療育は三日坊主が多いのか?
自閉症の療育を学べるセミナーは、あなたの住んでいる周りでも年に数回は開催されています。ネット書店を利用すれば、療育入門の書籍の購入も簡単です。でも、自閉症の子どもへの療育や支援が三日坊主になる人もかなり多いと思います。 なぜ三...
自閉症の子どもをより良く育てられる人になるための道筋
今回は、自閉症の子どもの療育を始める前の心構えのまとめです。より良い療育を行うには、3拍子が必要です。それは、 知識 腕前 道具 です。 あなたが、自閉症の子どもをより良く育てられる人になるためにも...

コメント

タイトルとURLをコピーしました