自閉症のスケジュール表とパニックの関係

自閉症の子どもの支援の世界では、とても不思議なことが起こっています。私は、重度の自閉症の息子を育てています。でも私は、その事に何年も気が付きませんでした。それは:

自閉症の子どもにスケジュール表やカレンダーを使うと、パニックや癇癪がなくなる

というものです。

スケジュール表やカレンダーで支援をしている家庭の特徴

統計データがあるわけではありません。あくまでも私の肌感覚です。それでも、共通した特徴が感じられます。

  • 比較的生活が穏やか
  • パニックや癇癪が少ない
  • 意思表示ができる
  • 指示に従える
  • 強度行動障害と呼ばれる症状が少ない

支援面:

  • (喋れない子どもの場合)PECS(絵カードを使ったコミュニケーション)でコミュニケーションしている
  • 物の置き場所などで、視覚的な支援がある
  • 家の中の壁に、余計なものがない
  • 親が自閉症の勉強に熱心

パニックや癇癪の多い家庭の特徴

こちらの特徴も私の肌感覚です。

  • 自傷行為が多い
  • 他害行為が多い
  • こだわりが激しい
  • 睡眠が不安定
  • 多動が多い
  • 強度行動障害と呼ばれる症状が目立つ

支援面:

  • (喋れないのに)PECS(絵カードを使ったコミュニケーション)をしていない
  • スケジュール表やカレンダーを使っていない
  • 物の置き場所などで、視覚的な支援がない
  • 家の中の壁に、支援でない掲示物が多い

スケジュール表とパニックの関係

その前に、スケジュール表やカレンダーで支援をしていない家庭の特徴はあるのでしょうか?

なかなか特徴が感じられないのです。自閉症に共通する特性はあるにも関わらず。パニックが多い家庭もあれば、少ない家庭もある。子どもが荒れて大変な家庭もあれば、生活が穏やかな家庭もある。

もしも、スケジュール表やカレンダーを使わない家庭では、どこも子どもがパニックになるんだったら、「パニック解消の特効薬はスケジュール表」だと誰でもわかるのですが、・・・。

なぜスケジュール表を使うと、パニックがなくなっていくのでしょうか?

自閉症の子どもがパニックになる状況と、パニックを起こさなない状況がわかって初めて、その理由がわかってきます。

パニックを起こさない状況を作るためのエッセンスをレポートにまとめました。自閉症の子どもを持つご家庭向けに、やさしくまとめました。ぜひ、レポートを読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました