オンライン講座:長続きするスケジュール表の教え方 + Q and A

自閉症・発達障害児の家庭で
長続きするスケジュール表の教え方 + Q and A
三日続かなかった原因と対策

4月23日(金) 22:00 – 23:30
4月24日(土) 10:00 – 11:30
無料セミナー / 受付中

お支度ボードやスケジュール表が3日も続かなかった経験はありませんか?

せっかく準備したお支度ボードやスケジュール表でも、お母さんに正しい知識がないと、子どもは嫌がって使ってくれません。

自閉症や発達障害の子どもが数日でやめてしまう原因は、

  • ひっくり返せない
  • 楽しい内容がない
  • 終わったことが、自分ではわからない

が代表例です。

しかも3つの原因が全て起こっていることが殆どです。

このセミナーでは、ご家庭のお母さんお父さん、及び支援者向けに、

  • スケジュール表の教え方の基本

実演を交えて解説します

そして、質疑応答の時間を十分にとって、みなさんがうまくいかなかった場面への改善策をお答えします

一度初めて、続かなかった方でも、心配ありません。正しい使い方がわかると、スケジュール表は難なく使えて、あなたのお子さんの問題を解決してくれます。

セミナー内容(90分の内容)

第1部:スケジュール表の効果の理由(15分)

  • 自閉症の子どもの特性
  • なぜ見通しを見せると生活が改善するのか?

第2部:スケジュール表の教え方の基本(15分)

  • 教え方の3つの基本
  • 三日坊主になる原因

第3部:Q and A (60分)

  • うまくいかない場面への改善アドバイス
  • スケジュール表を続けるテクニック

このセミナーを受講すると、あなたはこう変わります

  • お支度ボードや我流のスケジュール表が続かなかった理由がわかります。
  • スケジュール表の正しい使い方がわかります。
  • スケジュール表の楽しい続け方がわかります。

その結果、子どもの戸惑いや混乱が解消し、家庭生活が楽になります

講師紹介:古林紀哉

古林紀哉

古林療育技術研究所 代表

岡山県倉敷市出身。大阪大学卒、同大学院修了。博士(工学)。日本電気、野村総合研究所を経て独立起業。2016年に自閉症支援製品「コバリテ視覚支援スタートキット」を開発して提供開始。2016年度グッドデザイン賞受賞。販売実績1,000セット以上。
三男は重度の自閉症。横浜在住。

セミナー日程

開催日時4月23日(金) 22:00 – 23:30
4月24日(土) 10:00 – 11:30
開催場所オンライン(Zoom)
※スマホ参加も可
参加費用無料
参加定員各回25名様 ※要申込

各回ともセミナー内容は同じです。

なぜ、このセミナーを無料で行うのでしょうか?

  1. 私も自閉症の子どもの息子の親です。息子が思春期の頃までは、何が重要かを知らないで色んな支援をしていました。私は一人でも多くのご家庭に、子どもにとって本当に大切なことは何なのかを早く知って欲しいと思っています。
  2. 私は、自閉症支援製品の「コバリテ視覚支援スタートキット」を提供しています。受講者10人中で2人ぐらいがコバリテを購入してもらえれば、会社が助かります。受講したからといって、購入を強制することはありません。

受講申込みに当たって

  • セミナーはZoomで行います。予めZoomをインストールしてください。不安な方はお問合せください。
  • スマホからでもパソコンからでも受講できます。でもパソコンの方が画面が広いので、良いかと思います。
  • 申込は仮登録と本登録の2段階になります。受講者にはメールで、Zoom IDを送付します。本登録は、申込者がメール受信できているかの確認を兼ねています。
  • キャリアメール(docomo、au、softbank)の方は、theprompt.jp からのメールの受信拒否の解除を確認してください。

お申込みはこちら

icloud.comメールは届かないことがあります。できるだけ、icloud.com以外でお申し込みください。

お問合せ

お問合せはこちらからお願いします

会社概要

会社名株式会社古林療育技術研究所
代表取締役古林 紀哉
所在地〒225-0011
神奈川県横浜市青葉区あざみ野4-16-1
資本金300万円
設立2015年11月
連絡先TEL: 045-903-0885
www.kobarite.co.jp
タイトルとURLをコピーしました