自閉症スペクトラムの子どもの支援と家庭療育

自閉症スペクトラムの子どもの支援。ABA(応用行動分析)、スケジュールと視覚支援(構造化)、感覚統合的アプローチ。
自閉症を治す方法はまだ発見されていません。しかし、より良く育てる方法は手の届くとろにあります。

スケジュールと視覚支援の効果

上述の3つの支援方法のグループの中で、最も重要なのがスケジュールと視覚支援です。

スケジュール表を家庭で上手に使うと、

  • 不安なく遊べたり、
  • 好きなことを楽しみを待てたり、
  • 嫌なことをちゃんと我慢できたり、
  • 一人でできることが増えたり、

するので、子どもの困り感が少なくなります。お母さんを悩ませる、パニックや癇癪もなくなっていきます。

新着記事

伸びる家庭と問題行動が増える家庭の違い/自閉症(セミナー録画)
自閉症の困った行動の原因と改善方法(セミナー録画)
お母さんのやる気を増やす刺激と殺す刺激 / 自閉症支援
喋れない自閉症の子どもの場合、PECSが先かスケジュール表が先か?
自閉症のスケジュール表やカレンダーが上手くいかない時のチェックポイント

コバリテ視覚支援スタートキット

自閉症 スケジュール autism schedule board自閉症・発達障害のお子さんのために、スケジュールと視覚支援をご家庭で直ぐに始められるよう、ボード・カードフォルーダ・絵カードを揃えたキットです。手先が不器用でも扱いやすいカードフォルダーが特徴です。

コバリテ視覚支援スタートキット

グッドデザイン賞

コバリテ視覚支援スクールキット

学校向け、自閉症・発達障害の児童の自立を支援するグッズ。従来製品スタートキットの、つかみやすく、絵カードを増やしやすい、という特徴を踏襲しています。学校でもスケジュールと視覚支援を直ぐに始めることができます。

コバリテ視覚支援スクールキット

タイトルとURLをコピーしました