自閉症の子どもに荒れないで5日間待つことを教える方法:この5つだけマスターしてください。(v1)

自閉症の子どもに荒れないで5日間待つことを教える方法

こんなことに困っていませんか?

  • 子どもが3分おきに「いつ行くの?」と聞いてきて、鬱陶しい
  • 休み明けの朝や月曜日の朝は、子どもが混乱している
  • 「行きたい」「行きたい」を叶えてあげないと、子どもが癇癪を起こす
  • せっかく書いてあげているのに、子どもがカレンダーを見てくれない
  • 待っている間が、辛くて辛くてしょうがない

自閉症の子どもを持つお母さんへ。

私は古林療育技術研究所の代表の古林です。重度自閉症の子どもの父親でもあります。

この動画セミナーは、あなたが、荒れないで5日間待つことを教える方法を学べる無料の動画セミナーです。もし、自閉症のお子さんの子育てに苦労されているのなら、とても役に立ちます。1回が7分の動画で、全5回の無料セミナーです。スマホでもPCでも見ることができます。

7分×5日間の動画

このページの後半の登録フォームに入力すると、明日から動画セミナーのURLがメールで届きます。ぜひ、この無料セミナーで5つのことをマスターしてください。

この動画セミナーを見終わると、あなたは

  • あなたの子どもを待たせることが怖く無くなります
  • パニックや癇癪にならないで、子どもを数日間待たせる基礎が身につきます
  • あなたの子どもが自律していく道筋を確信できます

5日間であなたが学べる内容 

  1. 今日という日を意識させる方法
  2. 一週間の感覚をつける方法
  3. 「行きたい」の連発を拒否する方法
  4. カレンダーに引き寄せる方法
  5. 待つことを楽しみに変える方法

Step 1, 2, 3, 4, 5

1日7分の動画で、1つ1つの方法を学んでいきます。5日間で5つの方法をマスターできます。この5つをマスターしたあなたは、「騒がないで15分待つことを教える方法」をマスターできます。

セミナー講師

古林療育技術研究所 代表 古林紀哉

●三男に自閉症の子どもを持つ父親
略歴:岡山県倉敷市出身。大阪大学卒、同大学院修了。博士(工学)。日本電気、野村総合研究所を経て独立起業。自閉症支援グッズの「コバリテ視覚支援スタートキット」でグッドデザイン賞受賞。横浜在住。

今すぐ、無料の動画セミナーに登録してください


【追伸】
次はあなたのお子さんが、荒れないで5日間待てるようになる番です。
ご登録とご視聴は無料です。

利用規約
 送信いただいたお客様の個人情報は、当社で責任をもって管理させていただきます。
 ご登録頂いた方には、当社個人情報保護方針(プライバシーポリシー)に同意頂けた事とさせて頂きますので、予めご了承くださいませ。
 株式会社古林療育研究所は、自閉症の子どもの成長と家族のゆとりのために、療育グッズや教材を提供している会社です。

タイトルとURLをコピーしました