絵カードの作り方

自閉症の子どもの支援に絵カードは欠かせません。以前は、お母さんや支援の先生が苦労して手作りをしていました。時代の変化に伴い、絵カードの作り方も変化しています。このコーナでは初心者にも解りやすいように、絵カードの作り方を解説します。

絵カード作りの全体像

絵カード作りは、前行程と後行程の2つに分かれます。前行程は紙の絵カードを作る部分、後行程はその絵カードを補強する部分です。

従来の前行程は、パソコンとプリンターが必須でした。昨今のスマホの普及で、パソコンとプリンターの無い家庭も増えています。そこで登場したのが、「絵カードセンター(当サイト)」を利用した前行程です。絵カードセンターを利用すると、パソコン無し・プリンター無しで、紙の絵カードを作ることができます。

  • 絵カード作り前行程(従来型)
  • 絵カード作り前行程(絵カードセンター型)
  • 絵カード作り後行程

絵カード作りに関しては、テキスト資料もございます。紙に印刷してじっくり学習したい方は、こちらのページからダウンロードが出来ます。

時間の構造化・スケジュール教本

絵カード作り前行程(従来型)

紙の絵カードを作るところまでが、前行程です。従来型の前行程では、パソコンとプリンターが必要です。

概略のステップは次のようになります。

  1. イラストや写真の素材集め
  2. 絵カード印刷データの作成
  3. 絵カードのプリントアウト

こちらのページに、絵カード作り前行程(従来型)の動画があります。

絵カード作り前行程(絵カードセンター型)

スマホだけで、紙の絵カードを作るのが絵カードセンター型の前行程です。

ステップ1: イラストや写真の素材集め
自分のスマホで写真を撮ったり、インターネットの画像検索で写真やイラストを自分のスマホに保存します。(自閉症の絵カードでよく使われるイラストは、絵カードセンターにありますので、別途用意する必要はありません。)

ステップ2: 絵カード印刷データの作成
絵カードセンターの写真プリント絵カードのコーナーで、絵カード印刷データを作ります。スマホからでもパソコンからでも利用できます。出来上がった絵カードのデータは、写真データ(.jpg)になっています。保存先は、スマホの写真ホルダーです。

写真プリント絵カード

ステップ3: 絵カードのプリントアウト
自宅や手元にプリンターのある方は、保存した画像を写真L版用紙にプリントアウトします。

プリンターの無い方は、スマホをそのまま街の写真屋さんに持っていきましょう。写真L版のプリントアウトが一枚30円程度でできます。具体的には、写真屋さんの「カメラのキタムラ」、「フジカラープリント」、コンビニの「セブンイレブン」、また家電量販店にはセルフで写真プリントアウトのできる機械があります。

やり方が分からなくても、店員さんにやってもらえば大丈夫です。

絵カード作り後行程

後行程では、紙の絵カードを補強します。ラミネーター、ラミネートフィルム、カッティングマットなどの機材が必要です。絵カード作りの中では最も手間の掛かる部分です。

  1. 絵カードをラミネートする
  2. フィルムから絵カードに切り離す
  3. 絵カードの角を丸める
  4. 裏にマジックテープを貼る

こちらのページに、絵カード作り後行程の動画があります。

ご質問もどうぞ。

絵カード作りはとても大変な作業です。しかし、自閉症の子どもの支援には不可欠です。絵カード作りは避けては通れません。少ない手間で絵カードが作れるように上達してください。

絵カード作りに関するご質問もお気軽に。

自閉症の子どものお母さんへ:スケジュールと視覚支援で自閉症の子どもの生活改善をしましょう。朝のゴタゴタ解消、午後のパニック激減、自分の楽しみを待てる生活。コバリテなら、準備が楽な支援、効果の出る支援、長続きする支援ができます。あなたも療育上手なお母さんになってください。