自閉症支援スケジュールボード | お客様から感謝の声が続々届いています。(200127)

自閉症の子どもを育てているお客様から、感謝の声が続々届いています。“一番困っていた癇癪もかなり減ってきました!” “何も言わないでも自分から動けるようになりました!” “毎朝イライラしていた私が、朝の支度がスムーズになり笑顔で送り出せるようになりました!”

自閉症の子どもを支援する絵カードとスケジュールボード、コバリテ視覚支援スタートキット
特記事項)当社ネットショップでスタートキットをご購入の場合、「90日間返品保証」が付いています。

何も言わなくても自分から動けるお子さまが増えています

当社のスタートキットを使って、実際に朝の支度がスムーズになった保護者の方の喜びの声をご確認ください!

免責事項)お客様個人の感想であり、結果には個人差があります。また効果を保証するものではありません。

  • “笑顔になったのは驚きました!”
    神奈川県のTK様(息子さん11歳)

    朝の身支度等、学校行くまでの準備がたくさんある中、流れがスムーズにいかず一つ一つ行動を促し、嫌がることも多かったのですが、カードの絵を見せるとにっこり笑って、自分から行動ができるようになってきました。

    笑顔になったのは驚きました。

    今まで予定をカレンダーに書き込んで話していましたが、色々な所に目がいってしまい、楽しみにしている予定を早めに記入したり、〇印を付けてしまって混乱していました。

    カードの絵もキレイで、具体的でイメージしやすいと思います。注目枠があるのできちんと見てくれます。1週単位の予定から慣れていけばと思います。

    コバリテ お客様の声 口コミ 評判 自閉症
  • “ボードを一緒に確認しながら、支度をすることができるようになってきました!”
    神奈川県のSI様(息子さん6歳)

    毎朝準備(朝食を食べる、着替える等)をする前にプラレールで遊び、なかなか学校に行く支度ができず、いつも「早く○○して!」 と声をかけドタバタな日々でしたが、こちらを購入させていただき使い始めたところ少しずつではありますが、「自分が次に何をするのか」「何をしてからプラレールで遊べるのか」とボードを一緒に確認しながら、支度をすることができるようになってきました。

    先日、家庭訪問で先生の目につき、このようなボードを探していたとのことで、すぐに学校でも購入したいとパンフレットをお渡ししました。

    息子にとっても、家と同じボードを学校でも使用して頂けると混乱しなくて良いなと思っています。

    購入の決め手は、実際にご自身のお子様の為に開発されたというところです。他人ごとではなく、同じ視点で考えてくださっていると思ったからです。

    コバリテ お客様の声 口コミ 評判 自閉症
  • “イライラせず朝食が作れるようになりました!”
    北海道のN様(娘さん4歳)

    いつ誕生日が来るのかわからずイライラする娘に、また朝の支度がなかなかできないことに非常に困っていました。

    購入の決め手は星山麻木先生が推薦者の中に入っていたことです。( 高かったので、悩んだけれども・・)

    使ってみると、朝起きてから登園するまで、けっこうな行程があるんだなと夫婦で実感。娘は何からやればいいのか明確になり、ゲーム感覚で喜んでいます。夫も何をさせれば良いか分かり、スムーズに娘の支度の世話ができるように!

    おかげでイライラせず朝食が作れるようになりました。今では次の手順を用意しないと催促されます。高いけどあたいはあると思います。

    コバリテ お客様の声 口コミ 評判 自閉症

なぜ、スムーズに準備できるようになるのか?

  • 手洗い、歯磨きなど、言葉で指示してもやらない
  • 朝の支度など付きっ切りで手伝わないと一人でできない
  • 途中で遊びだしたり、他のことが気になり準備が進まない
  • 「何回言ったらわかるの、いい加減にして」と自分のイライラをぶつけてしまう
  • 何度言っても同じことを聞いてくるので、疲れてしまう
  • 怒鳴ったり、せかしたりすることが多く、親はイライラし、子供はだめだと自己肯定感が下がり、親子そろって悪循環

と毎日、登園・登校までの時間はイライラの連続でとにかく朝が大変。朝が来ることがつらい毎日と悩んでいませんか?

なぜ、今まで朝の支度にいつも苦労していたのが、スムーズに準備できて笑顔で送り出すことができるようになるのでしょうか?

理由は「見通しが持てるようになる」ことにあった!

自閉症の子どもはいくつかの共通した問題を抱えています。

その一つが、

自閉症の子どもは、頭の中で優先順位を考えて行動することが苦手

ということです。

子どもの頭の中には、今一番やりたい事しかありません。他のことをさせようとすると混乱します。そして物を投げたり、パニックになったりして、あなたを困らせるのです。

  • 待てない、指示しても興味のないことはやらない、気に入らないと癇癪を起こす
  • スケジュールの見通しがつかないと不安で暴れる
  • 急な変更、先の読めない場所や物事が苦手、パニックを起こすことが多い
  • 予定をものすごく何度も聞かれる
  • 自分がしたいと思ったら、とにかく今すぐやらないと気が済まず、癇癪をおこし、こちらが折れるまで要求し続ける
  • 自分がしたくないことは全くしない

といったことも、頭の中で優先順位を考えて行動することが苦手で、先の見通しが立たない不安から起こるのです。

絵カードとスケジュール表を使うことで、見通しが持てるようになる!

しかし、頭の中で優先順位を考えて行動することが苦手でも、自分がやるべき事の順番を見せてあげることで、やることの優先順位を理解させることができます。

それが、絵カードとスケジュール表を使う方法です。

この方法は、1980年代に米国ノースカロライナ大学ティーチ部で始められました。そして、子どもが自立して行動することが、世界中で実証されています。「スケジュールと視覚支援」と呼ばれるこの方法は、自閉症の専門家なら誰もが勧める方法です。

専門家は「お子さんが見通しが持てるように、ご家庭でスケジュール表を使ってください」と勧めます。でも、実際にやっているご家庭は少ないようです。

どうしてなのでしょうか?

実は、私には3人の息子がいます。18歳の三男は重度の自閉症です。

私は自分自身の育児経験、周りの絵カードとスケジュール表の利用者の声を分析することで、「挫折」してしまう共通のポイントがあることがわかりました。

その挫折ポイントは以下の4つです。
  1. 子どもが絵カードを見ても行動につながらず、役に立っている感じがしないので、やめてしまった
  2. 子どもがスケジュール表に興味がなく見てくれないので、活用できない
  3. 子どもが指先や手を動かす動作が苦手で使えない
  4. スケジュール表や絵カードを自作するのが大変

そして、その挫折ポイントを解消することで、絵カードとスケジュール表を上手に活用し、何も言わなくても自分から動けるように成長することが可能になることもわかりました。

挫折ポイントを解消するには

挫折ポイント ①
子どもが絵カードを見ても行動につながらない。役に立っている感じがしないので、やめてしまった。

自閉症の子どもが絵カードを活用する時の基本があります。

それは、

一つのことが終わったら、子ども自身でその絵カードを外す。

ということです。

入門書にも書かれていますが、多くの人がこの基本を見逃しています。

自閉症のスケジュール表。伝わらない例。左図のスケジュール表の例は多くの人がやってしまう、伝わらない見せ方です。

お母さん:「おはよう」, 「スケジュール表を見てね」, 「次はトイレだよ」, 「よく出来たね」, 「スケジュール表を見てね」, 「次は朝ごはんよ」, ・・・。

一つのことが終わっても、その絵カードを外さなければ、トイレの時も、朝ごはんの時も、歯磨きの時も見せるスケジュール表は同じです。

残念ながら、この使い方では、次にすることが何かは伝わらないのです。

“さっきトイレが終わったので、次は朝ごはんだ”、と子どもは思っている、と期待しないでくださいね。表の見た目が変わらないので子どもは混乱したままです。そして、お母さんのイライラが始まってしまいます。

下の図のように「一つのことが終わったら、子ども自身でその絵カードを外す」という基本を守ると、一目で子どもに伝わる見せ方になります。

自閉症の子ども用スケジュール表。一番上をみる。
お母さん:「おはよう」, 「スケジュール表の一番上を見てね」, 「次はトイレだよ」, 「よく出来たね」, 「絵カードを外してね」, 「スケジュール表を見てね」, 「次は朝ごはんよ」, ・・・。

子どもには、「一番上を見なさい」と教えてくださいね。はじめ子どもは絵カードを外す事を知らないので、お母さんが子どもに手添えして、絵カードを外させます(そして一番下の箱に入れさせます)。2、3日もすると子どもは自分で絵カードを外すようになります。

この見せ方なら、一番上の絵カードはいつも、次にやることになります。子どもは一目で、次にする事がわかるのです。

すると、朝のお支度はスムーズに進みます。

挫折ポイント ②
子どもがスケジュール表に興味がなく見てくれないので、活用できない。

 

もしも朝と同じ感覚で午後の絵カードを貼ると、どうなるでしょうか?

絵カード トイレ 歯磨き 手を洗う 着替える 病院子どもにとって嫌な絵カードがずらっと並ぶのです。お母さんは、「時間のある時は、何をやってもいいのよ。」と思っているでしょう。でもその思いは子どもには伝わっていません。

嫌な絵カードがずらっと並ぶスケジュール表では、見るのが嫌になっていきます。そうするとスケジュール表が活用できずに、お母さんはイライラ・癇癪の生活に逆戻りです。

絵カード クロネコのミニカー 乗り物の図鑑 水あそび セブンイレブン子どものお楽しみは、おもちゃや遊びの時間、好きなおやつ、好きな行き先です。そんな「お楽しみ」の絵カードもスケジュール表に貼ってあげてください。「この時間は、あなたの好きな、〇〇の時間よ。」と子どものワクワクや楽しみを見せて伝えてください。

「お母さんからやらされる事を終わらせたら、自分にとって大切なことができる」と見てわかると、子どもはワクワクしながら順番どおりに行動していくのです。お楽しみの見えるスケジュール表だと、子どもは帰宅したら真っ先に見に行きたくなるのです。

午後の予定のスケジュール表。楽しみが見えてますか?

このように挫折ポイントの①②は、少しの工夫で解消することができます。

ただ、③④の挫折ポイントを解消するために私は非常に悩みました。それが、絵カードとスケジュールボードのセット「コバリテ」の開発につながります。

自閉症のお子さまも見通しが持てるようになることで、何も言わなくても自分で動くようになる

私の三男は小さい頃、毎日のように癇癪を起こしていました。三男は話すことができません。当時、私も妻も三男の面倒を見るだけで精一杯でした。

三男が8歳の頃、ある専門家の勧めでPECS(絵カードを使ってコミュニケーションをする方法)をやり始めました。

その結果、じゃがりこやチョコベビーなど自分の欲しいものを伝えることができるようなりました。そして、癇癪を起こすことは少なくなり、私も妻も、少し安心していました。

自閉症 ミニカー当時の三男はミニカーが大好きで、100個以上のミニカーを規則正しく並べて遊ぶのが日課でした。土日になると、三男はソワソワ。そして、絵カードで「おもちゃ屋・行きたい」の連発!

おもちゃ屋へ連れて行かないと、癇癪を起こし家の中はグチャグチャです。だから休みの日には渋々、三男をおもちゃ屋へ連れて行き、毎週1個ミニカーが増えました。

自閉症 動物フィギュアー三男が10歳の頃、マイブームが350円のミニカーから、1,100円の動物フィギュアに変わりました。渋々、三男をおもちゃ屋へ連れて行く週末が、3ヶ月も続きました。あっという間に動物フィギュアは100個を超えました。

私と妻は、「待てない、気に入らないことはかんしゃくを起こす」三男の対応に疲れ果ててしまいました。絵カードだけでは、限界でした。

そんな折、自閉症の子どもに絵カードとスケジュール表が役に立つと知りました。重い腰を上げて、絵カードが貼れるカレンダーを一週間かけてなんとか自作しました。

fig_csche我が家では、「おもちゃ屋は1ヶ月に1回だけ」と決め、妻が三男の手をとって、「おもちゃ屋」の絵カードを次の土曜日の所に貼らせました。

それでも三男はおもちゃ屋の絵カードを妻や私に渡そうとします。妻は三男に「今週の土曜日はおもちゃ屋の日ではありません。おもちゃ屋は来週の土曜日です」と手作りカレンダーを指差して、何度も何度も説明しました。

次の土曜日がやってきました。三男は一週間待つことができたのです。私と三男は久しぶりに動物フィギュアを買いに行きました。

その次の月には三男は、月に一回のおもちゃ屋へ行く日を楽しみに待てるようになったのです。それ以来、我が家では「カレンダーは、楽しみなイベントを待つツール」としてとても役に立っています。

自閉症 カレンダー autism calendar

三男は、絵カードとスケジュール表を使うことで、見通しが持てるようになり、今までできなかった「待つ」ことができるようになりました。その後、生活スキルをどんどん身につけていき、何も言わなくても自分で動けるようになり、いつの間にか、癇癪を起こすことはほとんどなくなっていきました。

このように、頭の中で優先順位を考えて行動することが苦手な子どもも、絵カードとスケジュール表を使うことで、待つことが出来るようになります。そして、何も言わなくても自分で動くようになり、癇癪やパニックを減らすことができるのです。

実際に自閉症の子どもを育ててきた経験者が、我が子のために開発

古林紀哉はじめまして。
私の名前は古林紀哉です。

先ほども書きましたが、私の三男は重度の自閉症ですが、絵カードとスケジュール表を使うことで、生活スキルをどんどん身につけ、毎日のように起こっていた癇癪も、すっかりなくなりました。

しかし、我が家では十数年間、妻と一緒に絵カードなどのグッズを寝る時間を割いて手作りしてきました。また、三男は、指先や手を動かす動作が苦手で、自作のスケジュール表では最初はなかなかうまく活用できずに悩んでいました。

そんなこともあり、

  • 指先や手を動かす動作が苦手な子でも使いやすい
  • 絵カードが簡単に作れて、増やすことができる

そんな絵カードとスケジュールボードのセットを開発するために野村総合研究所を早期退職し、株式会社古林療育技術研究所を設立しました。

コバリテ視覚支援スタートキット ボード3枚の設置例開発者:(株)古林療育技術研究所
代表取締役 古林紀哉
古林紀哉と会社の略歴
1982年 岡山県立倉敷南高等学校 卒業
1987年 大阪大学基礎工学部情報工学科 卒業
1992年 同大学院 修了。博士(工学)
1992年 NEC 入社
2001年 三男誕生
2002年 野村総合研究所 入社
2004年 三歳児健診で三男の自閉症が確定的になる
2010~2013年 名古屋大学大学院 客員教授
2015年5月 野村総合研究所を退職
2015年11月 株式会社古林療育技術研究所を設立
2016年3月 コバリテ視覚支援スタートキット販売開始
2016年11月 グッドデザイン賞受賞
2017年10月 横浜市 販路開拓支援事業に認定
2018年2月 かわさき基準(KIS)認証福祉製品に認証
2018年11月 横浜知財みらい企業に認定
2019年10月 累計販売数1,000セット突破

グッドデザイン賞 2016年度受賞、写真、古林紀哉、斉藤里司。 横浜市SBIR、平成29年度認定、出展写真。 かわさき基準認証福祉製品、2017年度認証、写真、福田紀彦、古林紀哉。 横浜知財みらい企業、平成30年度認定、林琢己、古林紀哉。

2017年11月178日、神奈川新聞に掲載されました。 2018年4月1日、読売新聞に掲載されました。 2018年6月6日、朝日新聞に掲載されました。 2019年3月14日、タウンニュース(青葉区版)に掲載されました。

イライラが減り、お互いに笑顔が増えている そんな家庭を増やしたい!

私自身、少しの我慢もできなかった三男が、ニコニコしながら指差しをして週末のお出かけを楽しみにするようになったことで、心に余裕が少しずつ出てきました。

つい、怒鳴ったり、イライラしてしまうことに罪悪感を感じていましたが、絵カードやスケジュール表と出会ったことで、親子そろって気持ちが楽に過ごせるようになりました。

イライラが減り、お互いに笑顔が増えている そんな家庭を増やしたい! そんな想いで絵カードとスケジュールボードのセット「コバリテ」を開発したのです。

絵カードとスケジュールボードのセット「コバリテ」独自の2つの工夫

それは、

指先や手を動かす動作が苦手な子でも使いやすい

絵カードが簡単に作れて、増やすことができる

です。

自閉症の子どもは指先や手を動かす動作が苦手な子が多いです。

そのために、指先や手を動かす動作が苦手な子でも使いやすい絵カードやスケジュールボードが必要となります。

私も最初は自作でしたが、自作の場合、「マジックテープを利用したカード」と「マグネットシートを利用したカード」を作られる場合が多いかと思います。

それぞれの欠点として、

マジックテープ式 絵カードマジックテープを利用したカードの場合
ボードとの間に隙間ができるので、手先が不器用な自閉症の子どもでも簡単に外せますが、この絵カード作るのは大変な作業となります。私と妻は三男のために、このマジックテープ式の絵カードを作り続けました。何年もラミネート工作を続けました。なので、工作の大変さはよくわかっていますし、他の家庭も大変だろうなと長い間思っていました。

マグネットシート式 絵カードマグネットシートを利用したカードの場合
ボードにぴったりくっついているので、とても外しにくいです。終わった内容の絵カードがスケジュール表に残っていると、伝えたい内容が狂い活用できません。

そこで、

  • 自分で作るのが大変
  • 思ったようにうまく作れない
  • 手作りで何度も挫折

となってしまい、市販品を探すことになります。

市販品はどれも同じだと思ってはいけません。

A社:マジックテープ式
内容:スケジュールボード、絵カードセット、イラストデータ
問題点:子どもの楽しみとなる絵カードが含まれてない
※子どもの楽しみのカードがなければ、スケジュール表に興味をなくし、活用されません。
そのため、子どもにとっての楽しみの絵カードは家庭で苦労して手作りをしなければなりません。

B社:ビニールポケット式
内容:布にビニールポケットが付いたスケジュールポケット、プラスチック製の絵カードセット
問題点:手先が不器用な自閉症の子どもは、絵カードをうまくポケットから出し入れでません。
※絵カードは簡単に紙で作るだけでも増やせます。

市販のお支度ボード:マグネットシート式
内容:小型ホワイトボード、両面絵カードセット
問題点:お支度ボードは、障害のない子ども向けのグッズです。
※自閉症の専門知識なしで作られていて、絵カードが扱いにくくなっています。

そこで、あと2つの

挫折ポイント
  1. 子どもが指先や手を動かす動作が苦手で使えない
  2. スケジュール表や絵カードを自作するのが大変

を解消する、絵カードとスケジュールボードのセット「コバリテ」を開発したのです。

コバリテのメリット ❶
指先や手を動かす動作が苦手な子でも使いやすい。

コバリテ 自閉症 スケジュール カレンダー カードフォルダー 新構造
新構造の絵カードは写真のように「ボードにくっついたまま起き上がる」ことができます。そのため、指先や手を動かす動作が苦手な子でも使いやすい構造となっています。【特許出願中】

コバリテのメリット ❷
絵カードが簡単に作れて、増やすことができる。

コバリテの絵カードは紙の絵カードを差し替えて使う方式です。ご家庭で簡単に増やせます! ラミネートの苦労はもう必要ありません。

当社がインターネットで公開しているサービス、「絵カードセンター」を利用すれば、スマホで撮った写真から簡単に絵カードを作ることができます。

自閉症 絵カード作り方
パソコンやプリンターが無いご家庭でも、あなたのスマホを町のカメラ屋さんかコンビニに持っていけばプリント印刷ができますので、あとはハサミで切るだけです。

自閉症 スケジュール製品比較

商品構成

コバリテ視覚支援スタートキットは5つのアイテムで構成されます。

コバリテ視覚支援スタートキット 諸元

  • ユニットボード
  • カードフォルダー
  • 絵カードセット
  • 終了ボックス
  • 注目枠

ユニットボードは縦横兼用で、カレンダーにも使えるが特徴です。ピンを刺すか紐で吊るして設置してください。

また、絵カードセットには、ご家庭でよく使う絵カード約110種類(合計240枚)が入っています。小学生以上向けのスタートパックと、幼児向けの幼児パックのどちらかをお選びいただけます。
(大きさ: 35 x 35 mm)

自閉症 絵カード 幼児一日編 コバリテ

自閉症 絵カード 幼児週間編 コバリテ

絵カードセット(240枚)の内容は次のPDFでご確認ください。
絵カードセット(スタートパック)一覧PDF
絵カードセット(幼児パック)一覧PDF

既に1,000名以上の方に購入いただいています!

累計販売、1,000セット突破この製品は既に1,000名以上の方に購入いただいており、さらに今まで200名以上の方から「親子の生活が改善された」と感謝の声をいただいています。それらの声の1通1通が私たち夫婦の喜びであります。

そういった声の中から、実際に「コバリテ」を使用してみてどのような変化があったのか、ランキング形式でいくつか喜びの声と合わせてご紹介させていただきます。

免責事項)お客様個人の感想であり、結果には個人差があります。また効果を保証するものではありません。

コバリテを使用して変化した♪ランキング

第1位 朝の支度がスムーズになった
自閉症 スケジュール お支度 autism schedule board
第2位 見通しが持てるようになり不安が減った
自閉症 カレンダー autism calendar
  • “見通しが立ちやすいので安心できる”
    埼玉県のN様(娘さん7歳)

    今まで何度も自作しましたが、娘も私も上手に活用することができず、「これではいけない」と考え、使いやすそうなものを探していたところ、こちらの商品に目がとまりました。

    使い始めて数ヶ月、娘に「これ早く買ってくれば良かったのに!」と言われるほど分かりやすく、見通しが立ちやすいので安心できるようです。

    カードの追加を自作しましたが、ラミネートなど不要なため、私自身の手間も減りとても快適です。

  • “本人も次の予定が分かり安心”
    千葉県のR様(娘さん6歳)

    中度知的障害の子どもがいます。4月から小学生になり、予定がわかるようにお支度ボードを自分で作ってみましたが、なかなかうまく作れず困っていたところ、こちらのスタートキットを見つけ購入してみました。

    カードの絵を見て行動でき、本人も次の予定が分かり安心することができています。

    購入して良かったと思っています。ありがとうございます。

  • “見通しを立てられるようになり、落ち着いて過ごせるようになった”
    三重県のTM様(息子さん5歳)

    ADHD の診断を受けており、見通しを立てるのが苦手で、毎朝「保育園?」と聞いては、「嫌だ」と泣いていました。

    しかし、一週間の予定表を使うことで「今日は何をする日なのか」「いつ休みなのか」など見える化したことで、本人も「あと〇回行ったらお休み」など見通しを立てられるようになり、落ち着いて過ごせるようになってきました。

    視覚支援の大切さを改めて感じると共に、特別な準備を気にせず始められる(視覚支援に必要なものが全て揃っているので)コバリテは、とても考えられた良い商品だと思いました。

  • “次の行動に取り組みやすくなりました”
    千葉県のTM様(息子さん4歳)

    やることのカードをやる順番に上から貼り付けると、子供も楽しそうに「これ」「あれ」「おしまい」「いってきます」「おやすみなさい」「いただきます」と絵に合わせ何をしているのか分かったかのように、声を出してカードフォルダーを終了ボックスに入れています。

    行動の順番がわかりやすいので、親も次に何をやるのか、やってあげたらいいのか、すぐにわかるので、忘れないように、次の行動に取り組みやすくなりました。とても助かっています。

  • “先の見通しが立つのでパニックになることも少なくなってきました”
    神奈川県のMK様(息子さん3歳)

    使い始めて2ヶ月半経ちました。終了ボックスにしまうことはできないことが多いのですが、自分のやりたいことについては自らマグネットに貼ったりするようになりました。

    やりたくないことは早々にしまってしまうので、ご褒美のマグネットと一緒に貼るようにしたら「○○したらご褒美ね」とうれしそうに待っています。先の見通しが立つのでパニックになることも少なくなってきました。

    自分で作るのは難しいので、こういった物があると本人も周りも穏やかに過ごせて助かっています。

第3位 何も言わなくても自分で動けるようになった
  • “自ら進んで次の行動をするようになりました”
    東京都の匿名様(お子さん3歳)

    朝の支度をするときに途中で遊んでしまったり、他のことが気になったりと、なかなか思うように準備が進まず困っていました。

    今までは言葉だけで説明していたのですが、コバリテを使って視覚からの情報で伝えることで、本人も理解しやすいようです。何度も同じことを言わなくても、自ら進んで次の行動をするようになりました。他の絵カードやお仕度カードも検討したのですが、コバリテはシンプルなデザインでとても見やすく、使い勝手もとても良かったので、こちらの商品にしてよかったと大変満足しています

  • “親が伝えなくてもできる姿に感動”
    兵庫県のYT様(息子さん4歳)

    今年から幼稚園が始まり、言葉の遅れがある我が子に、目で見てスムーズに準備できるお支度ボードを探していました。こちらの商品の絵カードの内容と、子供が自分で貼ってしまえるカードフォルダーを気に入り購入しました。

    使用し始めて1ヶ月半たつと、自分で一つ一つ支度を終えるとカードフォルダーにしまい、次の絵カードの行動に親が伝えなくてもできる姿に感動し、購入して良かったと思いました。

    各家庭、子供にあった絵カード作成できるのもいいなと思いました。

  • “何度も聞くことが無くなり自分で動けるようになりました”
    神奈川県のCI様(息子さん16歳)

    今まで手作りでのスケジュールをしてきましたが、初めは興味があり見るのですが、わかりにくいようで見向きもしなくなり、親自身も頑張って手作りしているのにという悲しい思いでした。

    コバリテ視覚支援を使用してみて、パッと見て統一感があり、何より子供がすぐ見て分かりやすいようで、スケジュールを私に何度も聞くことが無くなり、自分で動けるようになりました。

    自分で手作りしてないで、早く購入していればと思いました。親子共うれしいです。

  • “娘が自主的に動くことが増えてきています”
    京都府のMS様(娘さん11歳)

    これまで朝の準備や帰宅後の準備など、一から十まで「手を洗った?」「うがいしたらお片付け」「準備した?」「トイレは?」と声掛けしていました。娘もだんだん「分かってる」「言われなくてもわかる」というようになるものの、やっぱり声かけしないとできておらず、私も「何回も言ってるでしょう」「同じことを何回も言わせないで」とイライラすることが増え、険悪なムードになり言い争いばかりの毎日でした。

    それで紙にスケジュールを書いてみると割とスムーズにこなしていけると気付いたのは良いのですが、毎回「書いて」と言われると、それはそれで負担に。そう思っている時、ネットでコバリテの商品を見つけました。

    今使ってみて、娘が自主的に動くことが増えてきています。私も全部言わなくても「できたこと外していってね」というだけで済むようになり、怒ることが減りました。主人も「喜んでカードを外しているよ」と今回の教材を買ったことに満足しています。

    価格は少し高いと感じ迷いましたが、この商品のおかげで子供を怒ってお互いイライラしていたことが少なくなるなら価値はあると思います。ありがとうございました。

  • “自分から歯磨きするようになりました”
    広島県のHT様(息子さん5歳)

    届いたその日から使用しました。子供にみせると、次の日の朝からユニットボードの絵を見て、何も私が言わないでも自分で動くようになりました。

    1番びっくりしたのは、朝ごはん食べて自分から歯磨きするようになりました。言っても今までしなかったのに。やはり視覚支援は大事ですね。

    カードフォルダーをとって終了ボックスには入れませんが、見るものがあると目安もあり良いみたいです。「今日は保育園に行く日かわからん」と言い出したので、一週間ごとのウィークリーカレンダーも作ってみようかと思います。ありがとうございました。

第4位 癇癪が減り、穏やかに過ごせる時間が増えた
  • “一番困っていた癇癪も家の中ではかなり減ってきました”
    東京都のA様(息子さん7歳)

    支援学校に通う小学生男子です。自閉症と中程度の知的障害があり、成長とともにこだわりと癇癪が強まり、生活にも支障をきたすことが多くなってきました。

    コバリテはまだ始めたばかりですが、支援学校でも絵カードを使用しており、届いた時から興味を持ってくれました。今は習慣づけをしている段階ですので自主的には使えていませんが、少しずつ一つやることが終わったら確認してと声かけをすることも増えており、本人もなんとなくやることの一つとして捉え始めているようです。

    そして一番困っていた癇癪も家の中ではかなり減ってきました。この調子で生活の見通しを立て、癇癪をおこさないようにしていければいいなと思っています。ありがとうございました。

  • “ピタッと止まりました”
    大阪府のF様(娘さん6歳)

    自閉症と軽度の知的障害児の母です。娘はいつも自分の気持ち100%で行動しています。少しの我慢もできません。

    コバリテのカレンダーを使い始めてから、ニコニコしながら指差しをして、週末のお出かけを楽しみにしています。注文するまでは心が落ち着かず、ずっと叫んでいたり、泣いていたりしていましたが、目で見てわかるのが安心するのか、ピタッと止まりました。

    本当に感謝です。

  • “行動が、とてもスムーズになりました”
    愛知県のK様(娘さん5歳)

    とてもこだわりが強く、自分の思い通りにならないと、癇癪や自傷行為が出てしまいます。

    周囲の関わり方の工夫が必要と思い(2年程色々な形の絵カードに挑戦しては挫折していたのですが)もう一度絵カードを使ったコミュニケーションを再開することにしました。何種類もあるカード類の購入や自家製のカードも長続きできていなかったので、今度こそ!と市販で良いカードを探しました。

    コバリテは絵カードをスケジュールが一緒にできるし、最初の準備がとても簡単でした。療育園や保育園でも写真を撮って頂き、早速スケジュール表にしました。朝夕に、子供は興味を持ち見てくれます。お出かけや、日常生活での手洗い、トイレ、食事などの行動が、とてもスムーズになりました。

第5位 怒ることが減って、お互いに笑顔が増えた
  • “怒ってばかりの日々からほめる日々に変わってきた”
    奈良県のK様(息子さん4歳)

    優先順位が分からない4歳の息子に毎日イライラ、怒ってばかりの日々でスケジュール表を作らないといけないと思いつつ、でも自分では作れないし何か良い方法は無いかと探していたところ、コバリテに出会いました。

    届いたその日から使えること、不器用な息子でも使いやすそう、パソコン、プリンターなしでも絵カードが増やせるという点が気に入り、コバリテに決めました。

    スケジュール表を使い始めてから2週間経ちましたが、思い切って購入して、本当に良かったです。今まで片付けをしなかった息子が、カードを張ってるだけで自分から進んで片付けをするようになりました。それだけでもうれしくて、怒ってばかりの日々からほめる日々に変わってきたように思います。息子にとってコバリテのスケジュール表はお気に入りのアイテムになったようで、毎日嬉しそうにスケジュールを確認して、絵カードを貼ったり剥がしたりするの楽しみながらしています。

    素晴らしい製品を開発していただき、出会えたことに感謝しています。本当にありがとうございました。

  • “私自身もイライラが減って購入して良かった”
    神奈川県のMT様(息子さん3歳)

    長男が「今自分がやりたいこと」で頭がいっぱいになり、生活習慣がつかずにいたことに困っていました。スケジュールの見通しがつかないと不安になって暴れたりもあったのですが、言葉で伝えても分からずにパニックに・・・。

    思い切ってバリューのスタートキットを注文し使ってみました。私はセンスや器用さもなかったので、きちんと丁寧に作られて質の良いものがいいと感じたのが決め手でした。

    使用したところ、絵を見ることで「ハミガキしよう」と頭を切り替えられたり、「今日は療育センター」「明日はお休み」など見通しが立つようになり、息子の安心につながりました。

    私自身もイライラが減って購入して良かったと感じています。ありがとうございました。

  • “ほめることが増えました”
    愛知県のM様(息子さん7歳)

    私も何度も手作りのスケジュールボードを作ってみましたが、なかなか上手くできず、何とかしたいなぁと悩み、ネットを見ていたら同じように悩んでいる内容を見つけ、読んでみるとスタートキットにたどり着きました。自閉症の子を育てる悩みが同じで、さらにそれを少しでもスムーズにしたいと思う気持ちが共感でき購入に至りました。

    使ってみると息子はすぐに手に取り、終了ボックスに入れることができました。使いやすさに感動しました。

    使うたびに「偉かったね」と声をかけほめることが増えました。私のイライラも減り、お互いに笑顔が増えています。

では、次に実際に使用してみて、良かった所についてのお客様からのご意見を紹介させていただきます。

コバリテを使用して良かった所♪ランキング

第1位 第1位 絵カードの種類が多く、増やすことも可能なところ
自閉症 絵カード作り方
  • “絵カードを増やすのも簡単ですごく助かります”
    広島県のKK様(息子さん3歳)

    自分でカードを作るのが大変で困っていました。絵カードを増やすのも簡単ですごく助かります。早速してみて子供がすぐ行動を見ていつもより癇癪も少なく幼稚園に行く準備ができました。

    思い切って購入してみて良かったです。ありがとうございました。

  • “一番使いやすいし、分かりやすい”
    宮崎県のY様(息子さん7歳)

    ザ・プロンプトというブログから絵カード DIY のページに行くと、そこで自分のスマホにある画像から絵カードを作れて、それがこのキットに使用できてとてもよい。これだけでスケジュール管理はこのキットでやる価値があると思った。

    セットでついてくる絵カードの絵もとても分かりやすい絵で使いやすい。自作の絵カードをこれまでたくさん作ったり、PECS絵のカードを利用したりしたこともあったが、このセットが一番使いやすいし、分かりやすい気がします。

    これから試行錯誤しながらこの商品でスケジュール管理していきたいと思っています。

  • “スマホで写真を撮って簡単に作れる”
    京都府のS様(息子さん27歳)

    とても便利に使わせてもらっています。スマホで写真を撮って簡単にスケジュールを作れることがとても助かっています。今では写真からちょうどいい大きさにカードを作るのに手間がかかっていましたが、時短できます。

    スケジュール作りはずっとしていかなければならないので、気が楽になりました。

    買う前は価格が高いことが気になっていましたが買って良かったです。

第2位 第2位 指先が不器用でもカードが取りやすいところ
コバリテの特徴 つかみやすい形 差し替え式の絵カード
  • “マグネットが取りやすく、おもしろいとお気に入り”
    佐賀県のNE様(息子さん4歳)

    自閉症スペクトラムで、言葉の指示が苦手、「待って」が苦手で、絵カードを勧められ購入しました。

    届いてより2週間の予定を見せた所「わかりやすい」と言って、一週間は月曜日~日曜日というのが理解でき、この日にお出かけしたいという意思表示し、私達からずっと言われていた「おもちゃを買うのはお出かけは週一回」と言うのがわかり頑張って守ってくれています。保育園に行くのも時間で説明していましたが、する事はたくさんあるんだとわかるらしく声かけに応じで「おしまい」を出来るようになりました。療育でも同じ方法で行なっているので受け入れはスムーズだったようです。

    息子は、マグネットが取りやすく、おもしろいとお気に入りで、準備物品用とかもこのマグネットでしていきたいと言うので、また購入します。思い切って購入して良かったです。HPに載っていたお支度ボード私も作っていました。ダメな理由がよくわかり勉強になりました。

  • “同じ環境だからこそわかる工夫なんだなと感動”
    神奈川県のママ様(娘さん9歳)

    うちの娘はとにかくこだわりが強く「こう思ったらこうなの!」という感じで今やりたいこと、やるまでギャーギャー言い続けます。こちらのやってほしい事は気分がたまたま乗っている時ならやってくれる位で、とにかく時間配分と言うか、毎日登校までの時間は「イライラの連続」で、娘にとっても私にとってもこのままでは良くないと感じていた時に、私の母がTVなのか新聞なのか、こちらの教材のことを教えてくれました。

    とにかくやってみようと、こちらを購入したら、わかりやすい絵だったり、マグネットの取りやすくするための角度であったり、さすがだなぁと、同じ環境というか、状態だからこそわかる工夫なんだなと感動しました。

    娘は本当にうれしそうに「次は○○やる」といってはおしまいボックスへ入れてニコニコ笑顔です。学校の先生にも見せたら「これいいね」と上手に活用していきましょうと話してくれました。

  • “慣れると上手に取り外しできました”
    大阪府の匿名様(娘さん5歳)

    ダウン症の子供に、手順などを知らせたくて使いました。

    オリジナルを自分で作り、ラミネートしたものを入れるとつるっとすべって中から出てしまうので、厚みの調整が必要でした。手先が不器用なこともあり、傾けて自分で取るのが最初は難しそうでしたが、慣れると上手に取り外しでき、目で見てわかるボードはとても良かったです。ありがとうございました。

第3位 第3位 おしゃれなデザインで使いやすく、届いてすぐに使えるところ
コバリテ視覚支援スタートキット 自閉症 スケジュールボード カレンダー 絵カード
  • “デザインにもとても満足”
    三重県のM様(息子さん10歳、娘さん6歳)

    「遅刻」に対して過剰な不安を持つ6歳女児の為に購入しました。起床した瞬間の第一声が「今は早い?遅刻じゃない?」です。万事この調子なので対応する親の方が疲れてしまいました。視覚支援をすると良いというアドバイスを医師からもらいましたが、絵カードを作る余裕はありませんでした。

    既製品を探していく中で、子供の不器用な手でも自ら絵カードを動かせるというこの商品に惹かれました。

    部屋に長く置くものなので、デザインにもとても満足しています。サイズ感が素晴らしいです。本人ですが、カードフォルダーのマグネットのパチパチという感覚を大変気に入り、自分で付けたり外したりしています。予定の変更もスムーズです。

  • “スタイリッシュなデザインで扱いやすい”
    青森県のM様(息子さん3歳)

    自閉症スペクトラムで多動ありの男の子を育てています。言葉が遅く、言葉の理解もできず、とにかく目をはなすとどっかへ走っていってしまうような子供でした。何度言い聞かせても理解できず、おさえると癇癪をおこして抵抗しました。

    2歳半くらいから療育を始め、少しずつ言葉が出るようになってきたものの、耳からだけの情報に弱く、視覚優位なため絵カードでの支援をしようと思い、ネットで色々調べていた時にコバリテに出会いました。これまで見たことのないスタイリッシュなデザインで扱いやすく、子供自身が楽しみながらできそうだと思い、購入を決めました。

    届いてから一緒にやってみました。フォルダーに絵カードを入れるのもすんなりできて、ボートからフォルダーをはずすのも簡単にできました。これから絵カードを増やし、沢山活用していきたいと思います。ありがとうございました。

  • “素敵なスケジュール表”
    神奈川県のS様(息子さん5歳)

    スケジュールを使い始めて、1ヶ月半ほど経ちました。まだ自分から見に行くことは少ないですが、スケジュールを見てすんなり動いてくれるようになり、朝の支度が楽になりました。今後自分から進んで行動してくれるようになるといいなと思います。小学校入学まであと一年あるので、少しずつ慣れていってくれればと思います。

    息子にとってももちろんですが、購入を決めた理由として、デザインとサイズが気に入りました。お客さんに見られても恥ずかしくない素敵なスケジュール表で、買ってよかったです。

このように多くの方から購入して良かったとの声をいただいております。

星山麻木先生からのご推薦

明星大学教育学部教授 保健学博士
こども家族早期発達支援学会会長

星山麻木コバリテを始めてみたとき、よく作れたなぁと、とても驚きました。

療育・特別支援に関わり30年以上になりますが、形、大きさ、マグネットで浮き上がる工夫、カード差し替え式など、子どもが使いやすいように沢山の愛情が詰まっていたからです。古林さんのお話を聞いて納得しました。それはすべて息子さんのためだったのです。

製品は売るために開発されますが、コバリテは目的が違います。子どもの混乱や不安を和らげ、生活を楽しみに変えるため、息子さんと同じようにコバリテを必要とする子の元に届けるためにあると感じています。

鈴木明子先生からのご推薦

野のすみれクリニック リハビリテーション科 院長
博士(医学)

鈴木明子自閉症スペクトラム症のお子さんとの生活の中で、写真カード作り、スケジュール表作りに苦労された経験のある親御さんは少なくないのではないでしょうか。

コバリテさんのスケジュール表は、もともとついているカードにも配慮が行き届いているうえに、撮影した写真をカードにしてくださるサービスもついていて幅広い方にフィットできそうです。

そしてお部屋にかけたときの美しさも貴重だなと思います。

製品ラインアップ

コバリテ視覚支援スタートキットは、あなたのご家庭に合わせて始められるように、3つのモデルを提供しています。

【デラックス】ならバッチリ視覚支援

コバリテ視覚支援スタートキット(デラックス) 自閉症 スケジュール 絵カード カレンダーボードが4枚のモデルです。

家庭での典型的な利用シーンは、朝の支度、帰宅後の活動、カレンダー2週間分です。ボード4枚のモデルなら、全ての利用シーンで使えます。

【バリュー】は家庭にジャストフィット

コバリテ視覚支援スタートキット(バリュー) 自閉症 スケジュール 絵カード カレンダーボードが3枚のモデルです。

3枚のボードを初めのうちは、朝の支度、帰宅後の活動、一週間カレンダーに使いましょう。朝のゴタゴタがなくなったら、朝使っていたボードをカレンダーの2週間目に使うのがオススメです。

【スタンダード】で小さく始める

コバリテ視覚支援スタートキット(スタンダード) 自閉症 スケジュール 絵カード カレンダーボードが2枚のモデルです。

まずはボード1枚だけで、朝の支度スケジュールから始めます。慣れて来たらカレンダーを始めましょう。

コバリテ視覚支援スタートキット:価格表:2019年10月1日現在。

あなたとお子さんには、どのモデルが合っていますか?

迷ったら、ユニットボードが3枚のバリューを選んでください。バリューなら、3枚目をスケジュール表にも週間カレンダーにも使えます。

【ご購入特典】あなたの「お子さま専用の絵カード」を無料で24枚プレゼント!

無料プレゼント私は日々、「コバリテ」を購入された方から、たくさんの喜びのご感想を頂いています。ご購入いただいた方にはすぐに効果を実感いただけるよう、「あなたが子どもに作ってあげたい絵カード24枚(12枚 x 2回)」を無料で作成してお届けします。(通常価格、4,400円が無料。1年間有効。)

「自分の子供専用の絵カードがもっと必要だけれど、自分で作成するのは難しい」という場合は、1回12枚の単位でコバリテ絵カードの作成サービス(有料)もございます。写真データをメールでお送りいただければ、「コバリテ絵カードのサイズ(35x35mm)」に作成して、郵送でお届けします(詳細はこちら、『ザ・プロンプト絵カード倶楽部』)。

ザ・プロンプトは、株式会社古林療育技術研究所が運営してる「自閉症の子どもをより良く育てるための情報サイト」です。コバリテの活用術や自閉症についての知識の他、サポート掲示板などもご用意しています。

【90日間返金保証】まずは、90日お試しください。

安心の90日間返品保証多くのお客様からの感謝の声を拝見させていただく中で、使い始めて1ヶ月以内でコバリテに慣れるお子さまが多いことがわかりました。是非あなたも、あなたの目で、お子さまが変わる姿を見ていただきたいです。

しかし、正直に申し上げますと、自閉症のお子様にもそれぞれ個性があり、当然ながらこの「スケジュール表を使った自閉症支援」の効果には個人差があります。

実際に購入されたお客様の中にも、

  • うちの子には合わない
  • 上手に活用できなかった

という声も届いています。

そこで万が一、コバリテが役に立っていないと思ったならば、90日以内に当社までご連絡ください。コバリテ視覚支援スタートキットを返品できます。

(株)古林療育技術研究所 代表取締役社長 古林紀哉理由は問いません。

ボードが汚れていても返品できます。返品の場合には、絵カードセットはそのまま差し上げます。コバリテをお試しいただいたお礼としてお受け取りください。

返品いただいたコバリテが当社に返品後1週間以内(年末年始、夏季休業期間を除く)に、購入代金の全額を返金します。
※当社ネットショップ『ザ・プロンプト・ショップ』でご購入いただいた方のみの保証となります。

  • “自分で手作りしてないで早く購入していれば”
    神奈川のCI様 (息子さん16歳)

    今まで手作りでのスケジュールをしてきていましたが、初めは興味があり見るのですが、わかりにくようで見向きもしなくなり、親自身も頑張って手作りしているのにという悲しい思いでした。

    コバリテ視覚支援を使用してみて、パッと見て統一感があり、何より子供がすぐ見てわかりやすいようで、スケジュールを私に何度も聞くことがなくなり自分で動けるようになりました。

    自分で手作りしてないで早く購入していればと思いました。
    親子共うれしいです!!

    コバリテ お客様の声 口コミ 評判 自閉症

コバリテ視覚支援スタートキットを“今すぐ”お試しください

笑顔で落ち着いた朝を迎えてください!

この製品には私の持てるノウハウの全てが詰め込まれています。

「今でも、十分子どもとコミュニケーションが出来ている!」

あなたがそう感じているのであればこの製品は必要無いと思います。

しかし、少しでも子どもとのコミュニケーションで悩んでいるのであれば、この製品を手に取り、試してみて下さい。

「ちょっとした事を知っているだけで、朝の支度がスムーズに出来る。 私の様な遠回りをしないで、多くのお母さんや子どもが穏やかに過ごせる時間を増やしてもらいたい」

そんな想いで、この製品を開発しました。

ある日あなたは、子どもが自分で貼った絵カードを目撃するでしょう! その絵カードは、自分がやりたい事やお母さんに連れて行って欲しい場所です。子どもが自分の思いをお母さんにアピールする瞬間が来るのです。

それが自立の始まりです。子どもは楽しみながらスケジュール表を使います。

スケジュール表を通して、お母さんの暖かい思いと子どもの思いが繋がるのです。子どもが混乱することはありません。もう、「あれしなさい、これしなさい」と一々口で指示したり、イライラする必要もないのです。

こうした思いと思いが繋がると、家庭の様子はみるみる変わります。

多くのご家庭で活用いただけるよう、コバリテの販売価格はできる限り抑えていますが、ご購入前のご不安が少しでも軽減しますように、90日の無条件返金保証もご用意しました。

この製品によってお子様が何も言わなくても自分から動けるようになり、お互いに笑顔が増えるならば、私の知恵も少しは役に立つものと思っております。

最後まで目を通して頂き、ありがとうございました。

ceo2016_ps_mini
お問い合わせには、
私が直接お答えします。

TEL: 045-903-0885

代表取締役社長 古林紀哉

略歴:三男に自閉症の子どもを持つ父親。岡山県倉敷市出身。横浜在住。大阪大学卒業、同大学院修了。博士(工学)。日本電気、野村総合研究所を経て独立起業。

株式会社古林療育技術研究所
横浜市青葉区あざみ野4-16-1
https://www.kobarite.co.jp/

下のボタンを押して、コバリテを注文してください。

他にも続々と感謝の声をいただいておりますので、ここで紹介させていただきます。

※免責事項)お客様個人の感想であり、結果には個人差があります。また効果を保証するものではありません。
  • “この絵カードがあることによって「今日はどこに行くの?」と自ら聞いてくるようになり、怒ることがなくなりました”
    兵庫県のM様(息子さん4歳)
    コバリテ お客様の声 口コミ 評判 自閉症

    スタートキットが届いてから1ヶ月がたちました。4歳になる息子は4月から幼稚園に通っています。

    結構前から毎日のスケジュールが変わることに対して怒ったり、泣いたり、場面の切り替えがとても苦手でした。

    でもこの絵カードがあることによって「今日はどこに行くの?」と自ら聞いてくるようになり、怒ることがなくなりました。

    以前、絵カードカレンダーを使いましたが、一日の流れが上手く把握できないのもあってあまり効果がありませんでした。

    この絵カードの見やすさ、使いやすさが本当に息子との関係を大きく変えました。

    まだまだこれから色々な問題がでてくると思いますが、頑張っていきたいと思います。

  • “朝の忙しい時間も、「絵カードまだ残っているよー」の1言で、自分で動けるようになりました”
    愛知県のKK様(娘さん8歳、息子さん6歳)
    コバリテ お客様の声 口コミ 評判 自閉症

    長女8才自閉症知的障害、長男6才自閉症知的障害。

    購入の決め手は、見通しをわかりやすくすると、安心すると思い、自分で絵カードを作っていたんですが、思ったようにうまく作れずにいました。

    コバリテの商品は、自分でできたら終了ボックスに外して入れるが、本人にもわかりやすく、私達親もその都度「すごいね!!できたね」と、ほめてあげられる事が増えて、子どももうれしそうでやる気がでてきて毎日イキイキしています。

    朝の忙しい時間も、「絵カードまだ残っているよー」の1言で、自分で動けるようになり、叱ってしまうことが少なくなりました。予定も、何日に、何をするかわかりやすく本人も安心なのか、楽しみにしていたり、大きらいな病院も何日も前から絵カードをはっておくと、はった日は不安定になり大変なんですが、自分で覚悟ができて、病院の当日は、落ちついて診察する事ができるようになりました

    商品は決して安くはないですが、自閉症の子にとって安心して過ごせる大事な商品だと実感しました。また、健常の子でも、ほめてあげられる回数が増えるので健常の子でも使える商品だと思います。

  • “1ヶ月たち、今では毎朝ボードを見て"今日は〇〇〜"と言ってくれます。かなり効果ありですね☆”
    鹿児島県のMT様(息子さん5歳)
    コバリテ お客様の声 口コミ 評判 自閉症

    5歳の自閉症の息子がいます。療育の方も3年目になります。

    療育の先生から、“見通しを立ててあげるとスムーズに動けると思いますよ”と言われ、声かけで前もって伝えてあげていましたが、ネットでコバリテ視覚支援を見つけて、はじめは“いいな〜”と見ているだけでしたが主人と相談し、子供の為になるなら!! と購入しました。

    見た目もおしゃれでしかも使いやすい!! さいしょはあまり興味を示さなかった息子も1ヶ月たち、今では毎朝ボードを見て“今日は〇〇〜”と言ってくれます。

    かなり効果ありですね☆ これからもずっと使い続けていきます。
    本当にありがとうございます。

  • “先日(使い始めて1ヶ月ですが)土曜日の運動教室の予定を自分でボードに貼っているを見かけ、うれしくなりました”
    神奈川県のT様(息子さん13歳)
    コバリテ お客様の声 口コミ 評判 自閉症

    我が家でも絵カードコミュニケーションに取り組んでいましたが、準備するのが大変で、いつも中途半端になっていました。文字が読めるようになってからは、マグネットシートに文字を書いて、朝のスケジュールをすすめていましたが、行動するのが遅くいつも、声かけしないといけない状態でした。コバリテの絵カードは、とても使いやすく、最初は今までのものと違うので、カードを外す時に遊んでいましたが、今では起きたらカードをとって、次の行動に移れるようになってきました。

    また一週間のスケジュールも視覚化して、わかりやすくし、いつかは自分でスケジュールをたてて、達成感を持たせてあげたいと思います。

    先日(使い始めて1ヶ月ですが)土よう日の運動教室の予定を自分でボードに貼っているを見かけ、うれしくなりました。

    少しずつですが、息子の自立を目ざして、続けて取り組んでいこうと思います。

  • “今までよりは毎日の日課(歯みがき、ヒゲそり、etc)がスムーズで一回も欠けることなく行えました”
    神奈川県のさっちゃん様(息子さん39歳)
    コバリテ お客様の声 口コミ 評判 自閉症

    今までも自分なりに一生懸命やってはいましたが、なかなか徹底できず、うまくいきませんでした。

    この春休みに初めてコバリテを導入しましたが、今までよりは毎日の日課(歯みがき、ヒゲそり、etc)がスムーズで一回も欠けることなく行えました。

    付属のイラストカードと今まで使用していた写真等のカードを念のために準備しましたが、イラストでほとんどが伝わることが判明。

    今は施設に1枚ボードを置いて、週間スケジュールに挑戦中!!

    あとは母のスキルアップが課題として残りますが、がんばります。

    「お客様の声」を見たらほとんどが小さい方ばかりで今月40才になるおっちゃんなんかいなくて、ちょっぴり恥ずかしいです。

    でもこの年から始めても十分使えますよ。諦めなければ、、、

    それから奥さまでしょうか、かわいい便箋に達筆で優しいことばが綴ってあり、涙が出そうになりました。励まされました。ありがとうございます。

  • “絵の効果は絶大で「顔を洗う」ことが出来ずにタオルでふいていましたが、自分からすすんで洗面台に向かい顔を洗えるようになりました”
    神奈川県のA様(息子さん6歳、娘さん3歳)
    コバリテ お客様の声 口コミ 評判 自閉症

    6歳男児の小学校入学を控えている時期に自分から身支度を整えたり、片付けて準備ができたりして欲しいと思い購入しました。

    効果は、設置したその日から早速現れました。次に何をするかを順に追って自分から取り組めるようになってきています。

    絵の効果は絶大で「顔を洗う」ことが出来ずにタオルでふいていましたが、自分からすすんで洗面台に向かい顔を洗えるようになりました。

    喜ばしいことに下の3歳の子もみて、次にすることを言葉に出して確認しています。

    視覚支援の効果を多くの人に実感していただきたいです。

  • “使用し始めた当日からスケジュールを指差し「明日はほいくえん!」とニコニコしていて、手応えを感じています”
    福井県のKS様(息子さん5歳、息子さん3歳)
    コバリテ お客様の声 口コミ 評判 自閉症

    5才と3才の自閉症の兄弟を育てています。それぞれのこだわりに付き合う毎日の中でとてもスケジュールを作る時間がない事と、5才の長男には何度か自作したのですが上手く作れず私自身のストレスになった為、こちらで購入させて頂きました。

    コンパクトでありながらもすっきり見やすく、差し込みでカードを変えられる手軽さにお値段以上の価値を感じています。欲を言えば、絵カードの説明が漢字でなくひらがなで書いてあると5才の息子も読めるのでうれしかったです。

    5才の長男は最近毎日何度も「今日はお休み?」「明日はお休み?」と確認するようになった為、1週間のスケジュールで使用しています。療育と保育園では上から順にを徹底しているところなので、横ではなく縦で使っています。使用し始めた当日からスケジュールを指差し「明日はほいくえん!」とニコニコしていて、手応えを感じています。

    3才の次男は保育園の登園後の荷物の片付けがまだ1人でできない為使用し始めました。療育でしかスケジュール表を使用していなかったので、まだ今のところは私が一緒にして流れを見せています。次男はイラストと実物がマッチングできていないようなので、ポラロイドカメラで撮影し、カットしてホルダーに差し込み使用しています。

    長男は来年就学前の年ですし、朝の支度などでも使用できそうであれば、また追加購入したいと思います。

    これからも支援グッズの開発、がんばってください!!

  • “おかげで私(母親)の方は、視覚支援のとっかかりを得て、敷居が低くなりました”
    愛知県のAM様(息子さん6歳)
    コバリテ お客様の声 口コミ 評判 自閉症

    Webで拝見して、機能面と美観が優れていたので、息子が小学校(特別支援学校)に入学して、スケジュール管理が煩雑になってきたのを機に、購入させていただきました。

    視覚支援は、家庭ではなかなか環境を整えてあげられいなかったので、初めは、ボード1枚のみ掲示し、一週間の予定表(小学校、学童、デイ等)を出し、慣れてきたので、2枚目のボードに1日の流れ(誰が送迎し、どこで何をするか。時計も貼っていますがまだ時間を書き込んでいません)の掲示を開始しました。

    子供は時々ちら見したかな?程度ですが、おかげで私(母親)の方は、視覚支援のとっかかりを得て、敷居が低くなりました。

    長年子供と愛用して、いつか本人に運用してもらいます。

  • “「視覚から伝えるのが良いのは知っているのに、生活にうまく取り入れられない!」というジレンマが解消されました”
    鳥取県のD様(息子さん6歳)
    コバリテ お客様の声 口コミ 評判 自閉症

    卒園・入学を控えていた息子のために購入しました。

    今までにスケジュールボードの作成を試みたことはあったのでが、イメージ通りのイラストを集めることがまず大変でしたし、苦労して作ったのに使い勝手が悪く結局使わなくなっていました。

    コバリテ視覚支援スタートキットはとても扱いやすく、息子も届いてすぐにストレスなく使うことができました。カードを作り足すのもとても簡単で、補強したりマジックテープを貼ったりと行った手間がかからないので気軽に作れています。

    息子は服装へのこだわりがあるので服を撮影して簡単にカードを作れるのが助かりました。卒園式・入学式も春の運動会もスケジュールボードを見てから納得して着替えられ、泣かずに行事に行くことができました。

    毎日の行動もスムーズになり、最近では家族が声をかける前に自分からボードの前に行って「トイレ、行った。」「歯磨き、した。」と言いながらカードをはずしています。

    コバリテを知り、購入したことで「視覚から伝えるのが良いのは知っているのに、生活にうまく取り入れられない!」というジレンマが解消されました。
    感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます。

  • “娘が二十歳になり、、、いつまで作ることができるのか、自分が作れなくなったとき誰かに頼むのも大変だろうな等々、、、考えていたときに、このKOBARITEキットに出会いました”
    栃木県の匿名様(娘さん20歳)
    コバリテ お客様の声 口コミ 評判 自閉症

    今まで多くさんのコミュニケーションツール、予定を伝えるためのカードを作り続けてきました。娘が二十歳になり、、、いつまで作ることができるのか、自分が作れなくなったとき誰かに頼むのも大変だろうな等々、、、考えていたときに、このKOBARITEキットに出会いました。

    届いたキットは、とっても素敵で部屋に落ち着いて置くことができるのが良いですね。細部まで良く考えられているな〜と感心しています。娘にとっても使いやすいです。活用させていただきます。【母】

    訪問させていただいているお宅で使っています。ボードが壁に貼ってあり1週間次週の予定がわかり、外して手元に持って行くことものできて身近に使えるところが良いです。カード1枚角が浮いていてつまみ易く、ご本人の気持ちを表す場面でとり出し易く貼り易いことはとても良いです。日常の生活の中にとけ込んでいます。

    皆さんも使える機会が増えるといいと思いました。もちろん家庭でもそうですが、特に学校に教材として活用されると良いなと思いました。【訪問看護師】

  • “値段以上に意味のあるものになると考え購入しました”
    福井県のK様(お子さん3歳)
    コバリテ お客様の声 口コミ 評判 自閉症

    私自身は、この子の個性として考え、あまり深くは考えていなかったのですが、周囲から度々かけられる声、、、。

    目に見える、視覚刺激によるスケジュール表や、自分が何をしなければいけないかが分かるよう、自宅でもしていくとよいだろうと言われ、 ネットでいろいろ調べました。

    手創りやマグネット式の簡易的なものが、いろいろある中で、貴社の商品説明にうなづくばかりでした。

    値段以上に意味のあるものになると考え購入。組み立てから一緒にしたのですが、特に夜はコバリテ商品で「これはやった。これは未だ。・・・・」と、指差しながら check する姿にたのもしさを感じました。

    日によって波はあるものの、こちらの商品に出会えたことに感謝しています!
    大切に使わせて頂きます。
    有難う御座いました。

  • “「これならずっと使い続けられる」と確信し購入させていただきました”
    千葉県のYM様(息子さん4歳)
    コバリテ お客様の声 口コミ 評判 自閉症

    今までは私が作ったお支度ボードを使っていました。1日の流れは頭に入っているようでしたがそれ以上の進展はなく、ほぼ壁の絵と化していました。

    最近になって「今日は何日?」「あと何日行ったら保育園お休み?」など聞いてくるようになったものの、何度言っても、また同じ事を聞いてくるので私自身イライラする事が多くなりました。日々の生活の中でも、待てない、指示しないとやらない、指示しても興味がわかないとやらない、気に入らないとかんしゃくをおこしたりと困りごとも多く、母子ともに疲れ果てていました。

    そんな時コバリテを偶然見つけました。コバリテにつまった愛情を感じ、子どもが好きな絵カードを作ってあげられることに「これならずっと使い続けられる」と確信し購入させていただきました。

    届いて数日は息子の好きな食べ物、遊び、場所、人を撮りまくりオリジナルの絵カードを何枚も作りました。そしてコバリテお披露目の日、 息子が「ごはん」や「お風呂」のカードの中に私が作った「たいやき」のカードを見たときの目の輝きは忘れられません。

    使い始めて2週間になりますが、コバリテの前で1日のスケジュールを相談するのが日課になりました。週間予定もお気に入りで「今日は習いごとだ」「あと○日で保育園お休み」と喜んで使っています。注目枠も私や夫が動かそうとすると「僕が自分で!!」とすごく怒ります。

    私もガミガミみ言う事が少し減りました。
    これからも楽しんで使っていきたいです。
    ありがとうございました。

  • “作る時間が無い!と思ったので主人に相談して、思いきって、コバリテを注文しました”
    熊本県のKK様(息子さん5歳)
    コバリテ お客様の声 口コミ 評判 自閉症

    昨年の夏に軽い自閉症と診断され、その後10月頃〜パニック(泣く)が出てきました。スケジュール表を使う様すすめられ、作る時間が無い!と思ったので主人に相談して、思いきって、コバリテを注文しました。

    スケジュール表を使うようになってからは、パニックになる事もほとんど無く過ごせています。

    本人もこちらから言う事、自分が言いたい事の理解が少しずつですが、できている為か?あまり、スケジュール表を使いたがりません。はっきり言って上手に使えてません、、、が、

    苦手な事をする時は「今から○○するよ!」と見せるとスムーズに行う事もできているので、コレがあるだけでも、本人も私達も安心して過ごせていると思います。
    いざという時の物です。

追伸

自閉症の専門家は「お子さんが見通しが持てるように、ご家庭でスケジュール表を使ってください」と勧めます。

絵カードとスケジュール表が無ければ、お子さんの支援は始められません。コバリテなら届いて直ぐに、それが出来ます。

ご購入に100%の保証があることを忘れないでください。90日間全額返金保証が付いてます。思う存分使って、遠慮なく返品してください。

あなたの行動が、お子さんの将来を大きく変えていきます。今すぐに行動してください。

古林紀哉

※ 「コバリテ」と「KOBARITE」は、株式会社古林療育技術研究所の登録商標です。



タイトルとURLをコピーしました