自閉症のパニック・癇癪・困った行動の原因と対策

いつ何時起こるかわからないパニック、ちょっとでも嫌なことが起こると激しい癇癪(かんしゃく)、昼夜逆転、不規則な食事、・・・、自閉症の子どもの家庭は想像以上の苦難を抱えています。

パニックと癇癪の兆候

私たちは、子どもが急にパニックなったり癇癪を起こしたように感じます。でも子どもがパニックになったり癇癪になる直前には、そのサインが出ているのです。そのサインを見過ごして、あなたが子どもに何かをしてしまう。その何か(記事の後半で解説)が、パニックや癇癪の引き金になっているのです。

自閉症の子どもの特性

子どものパニックや癇癪は、自閉症の子どものある特性から、回り回って発生しているのです。その特性とは?

自閉症の子どもは、頭の中で見通しを立てて行動することが苦手です。見通しを立てることが苦手なことは、どんな自閉症の入門書でも解説されていますよね。(オススメの自閉症の入門書

見通しを立てるのが苦手だど、子どもは、とにかく目先の好き嫌いで、行動したり、その行動を拒否したりします。

困った行動の原因

お母さんには、家の中で子どもにして欲しい行動がありますよね。”歯磨き”、”着替え”、”おもちゃの片付け”などの生活行動です。でも、それらの生活行動は、子どもにとってはやりたくないことなのです。子どもは、目の前にあるおもちゃで、遊び続けたいのです。

このお母さんが今させたい事と、子どもが今やり続けたい事の食い違いがあると、困った行動と呼ばれます。

逆のパターンもあります。ジャンプして遊んだり、大きな声を出してみたり、急に子どもはそんなことをやりたくなる時があります。でも、お母さんは今はそれをしてほしくない。そんな食い違いも、困った行動と呼ばれます。

パニックの原因

自閉症の子どものパニックは、お母さんが子どもに何かの生活行動をさせようとしている時に、よく起こります。例えば、子どもは今おもちゃで遊んでいるとしましょう。お母さんは、子どもに着替えて欲しいので、「着替えなさい」と言うでしょう。

子どもは遊ぶ方が好きなので、着替えようとしません。お母さんは、「着替えが、終わったら、遊んでもいいよ」と説得しようとするでしょう。でも、子どもは遊び続けます。子どもは、見通しを立てるのが苦手です。お母さんが言った、「後で遊べる」は頭の中に残らないのです。

お母さんは、子どもに着替えてもらわないと困ります。だから、何度も何度も説得します。子どもは、理解できず、遊び続けます。そして、子どもは極度に興奮した状態になります。それがパニックです。

お母さんは、子どもに当たり前のことをさせようとしていますよね。そして、子どもにとてもとても嫌なことを強要しているという意識がほとんどありません。だから、子どもが急にパニックを起こしたように感じてしまうのです。

癇癪の原因

自閉症の子どもの癇癪は、子どもに何かを急に欲しくなったり(急にやりたくなったり)した時に、よく起こります。例えば、急に子どもが「じゃがりこ欲しい」と言い出したとしましょう。運悪く今、家にじゃがりこがありません。お母さんは、「夕方になったら、買い物にいくので、それまで我慢してね」と言うでしょう。

子どもは、一旦それが欲しくなると、欲しくて欲しくたまらないのです。お母さんは、何度も何度も「夕方まで我慢してね」と言うでしょう。でも、言い続けます「じゃがりこ、欲しい」と。子どもは、見通しを立てるのが苦手です。お母さんが言った、「夕方になったら、じゃがりこが食べれる」は頭の中に残らないのです。

お母さんは、今すぐにはじゃがりこを出せません。子どもは、理解できず、要求し続けます。そして、子どもの最後の手段! それが癇癪です。

パニック・癇癪・困った行動の対策

○○を済ませたら、自由に遊べる」という見通しが立つと、困った行動は少なくなります。

お母さんの言う、これをやったら、楽しいことが待っている」と言う見通しが立つと、お母さんが無理強いする必要はありません。そして、パニックも回避できます。

お母さんの言う、□□まで待ったら、欲しいののが手に入る」という見通しが立つと、子どもの我慢ができます。そして、癇癪は回避できます。

見通しを与えるのは言葉ではなく、見せて与える

自閉症の子どもは、頭の中で見通しを立てて行動することが苦手です。言葉で見通しを教えてあげても、子どもの頭の中には残りません。見通しを保持するのが苦手なのです。

だから、自閉症の子どもに見通しを教えてあげる時は、見せてあげてください。まず、「○○」をやる、そうしたら「□□」ができる、と見せてあげてください。

もう少し詳しくは、こちらの記事「自閉症のパニックと癇癪を無くす方法とは?」でも解説しています。

あなたのご家庭にも、笑顔が戻ってきて、穏やかな暮らしがやってくることを願っています。

まとめ

  • 自閉症の子どもは、頭の中で見通しを立てて行動することが苦手です。
  • 見通しの不足が、パニック・癇癪・困った行動の原因になります。
  • 自閉症の子どもに見通しを教える時は、見通しを見せてあげてください。

見通しを見せると、どうして子どもはスムースに動けるのでしょうか? こちらの無料レポートでやさしく解説しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました