自閉症の絵カードの素材比較/イラストと写真はどっちが良いの?

自閉症の子どもの支援には、何かと絵カードをよく使います。スケジュール表でも絵カードを使うし、PECSなら絵カードが主役です。絵カードそのものの市販品は少ないので、自宅で絵カードを手作りしなければなりません。

絵カードを作るときに、悩むのがその素材。

どんな素材の形式(シンボル、イラスト、写真)が適しているのでしょうか?

シンボル、イラスト、写真など、その形式はよく「視覚的手がかり」と呼ばれます。それぞれの形式には特徴があります。そして長所や短所があります。

今回の動画では、「視覚的手がかり」の特徴を解説します。そしてご家庭では、どんな視点で選べば良いのかもお伝えします。

続きは、動画でご覧ください。

自閉症の絵カード素材比較:イラストvs写真

最近では、絵カードの素材の入手はとても簡単になりました。スマホだけでも素材の入手は可能です。お子さんのために、絵カードを沢山作りましょう。

よろしければ、チャンネル登録をお願いします。

自閉症の視覚的スケジュールの効果などは、←こちらのページに関連情報がありますので、見てくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました