自閉症のパニックと癇癪を無くす方法に近道はない!

駄々をこねる。癇癪、パニック。

自閉症の子どもを育てているお母さんお父さんや、自閉症児者を支援している人にとって、最大の関心事は、「パニックや癇癪」を無くすことだと思います。

パニックや癇癪を無くすことはご家庭でも可能です。ただ、「これをすればパニックや癇癪が無くなる」ような直ぐ効く方法や特効薬が無いのです。パニック削減法と言われている方法がどうしてうまくいかないのか、そしてどうやったらパニックが本当に無くなるのかをお話して行きます。

子どもはどのようなパニックを起こしますか?

突然、不安や怒りが爆発して、寄生を発したり、大声で泣きわめいたり、暴れまくったり、床にひっくり返ったり、何度も壁に激闘したり、手当たり次第物を投げまくったり・・・。典型的なパニックですね。

その他にも、自分の手に噛み付く、顔を引っ掻く、頭を壁にぶつけるなどのように、自分自身を傷つける行動は「自傷行動」と呼ばれます。また、友達を叩く、噛み付く、蹴るなどのように、他人を傷つける行動は「他害行動」と呼ばれます。

子どもはどんな時にパニックを起こしますか?

子どもがパニックになった少し前の状況と、パニックを起こした後の状況を思い起こしてください。とは言うものの、一旦パニックを起こしてしまうと、周りの人は大変ですよね。“どうしてパニックになるの? 1秒でも早く収まってよ!” と、周りの人の頭の中もパニック気味です。直前の状況や直後の状況をよく思い出せないのでは無いでしょうか?

  • 幼稚園の帰りにお母さんと一緒に郵便局に行った
  • 雨のために外出予定がなくなった
  • タブレット(iPad)は終わり、と言われた
  • 着替えをしなさい、と言われた
  • 好きなおやつが貰えない
  • オモチャが買ってもらえない
  • 初めての場所に行った
  • 知らない人が自宅に来た
  • 周りで誰かの泣き声がした
  • バスの扉が開く音がした

まだまだ他にもあると思います。

パニックを起こしてしまったら、どうしていますか?

“ヤメなさい” と叱ったり、理由を問いただしたり、なだめの話をするのは逆効果です。子どもの気持ちが鎮まるまで、黙って見守ることが必要です。

しかし、そんな風に教科書のようには行きませんよね。このままでは、あなた自身が困ったり、周りの人に迷惑がかかってしまいます。パニック直前の気配を感じたら、子どもの言いなりにしているのでは無いでしょうか?

  • 直ぐに構ってあげる
  • いつもと違うとことはしない
  • 子どもの好きなことはやめなくて良い
  • 子どもが嫌がることはしなくて良い
  • 欲しがったら、直ぐにあげる、買ってあげる

でも、いつもそんなことをしていたら、家庭生活は成り立ちませんよね。

教科書的なパニック削減の方法とは

自閉症の入門書、療育の教科書。

ここで3つの方法を紹介します。どれも自閉症の入門書や専門書に出てくるような定番の方法です。予め言っておくと、どれもうまくは行きません。でも知っておくことは重要です。

1) パニックの原因を取り除く

パニックの原因として考えられるものは、

  • 予期していないことが起きた
  • 言葉が通じていない
  • 自分の意思や要求が伝えられない
  • 今どういう環境に置かれているかわからない
  • 不快な刺激がある(音など)

が代表的です。

“パニックには原因があるはずだから、原因の根元を突き止めて、その根本を解決しよう” というやり方です。

しかし原因の根本を突き止めることは、そもそも難しいことです。仮に原因を特定したとしましょう。例えば、「言葉が通じていないようだから、分かりやすい言葉で説明してあげよう」ですね。分かりやすい言葉で説明してあげるって言っても、ちゃんと理解させることは簡単ではありませんよ。

また、「予期してないことが起きたのが原因だから、そうならないようにしよう」。でも、どうやって?

原因がわかったとしても、その解決は簡単では無いのです。

2) パニックを助長する行為を止める

この方法は、ABA専門家や行動分析家が勧める方法です。

“パニックも行動の一つ。行動は直後の環境変化によって形成される。パニックの直後に起こっていることを無くせば、パニックは減少する。” というやり方です。

子どもはパニックを起こすと、お母さんに構ってもらえたり、欲しいもの貰えたりしますよね。

具体的な方法は、

  • パニックを起こしても、子どもを構わない。
  • パニックを起こしても、子どもの願いを叶えない。

なのです・・・。

間違った教えではありません。しかし残念ながら自閉症の子どもの場合、この方法ではパニックや癇癪は無くなりません。

(専門家の名誉のために少々言及しておきます。専門家はこの方法を「パニックを無くす方法」とは言いません。言っているのは、「問題な行動を抑制する方法の一つ」だということです。)

3) パニックを起こさなくても良い環境を作る

この方法は、TEACCHという療育手法を知っている専門家が勧める方法です。「構造化」と呼ばれます。直接的にパニックを無くす方法ではなく、日常的な支援方法です。

構造化の概要は

  • 各部屋を目的別にアレンジする
  • スケジュール表を使う
  • 視覚的なコニュニケーションをする
  • 手順書を利用して、生活動作や作業を行う

です。

構造化という支援を家庭で行うと、はっきり言います! パニックは無くなります

構造化はちゃんと勉強していないと、中途半端にしかできません。また、勉強するのも、それをやるのも労力が必要です。

本当にパニックや癇癪を無くす方法とは!

自閉症療育の専門家や、児童精神科医に相談すると必ずと言っていいほど、次のアドバイスが帰ってきます

お子さんが見通しが立てられるように、ご家庭でスケジュール表を使ってください。

さっき構造化の概要でも出てきましたね。スケジュール表です。信じられないと思いますが、スケジュール表を家庭で使うと、パニックや癇癪は自然に無くなります。スケジュール表が、パニックと癇癪を無くす唯一で確実な方法です。だた、少々の努力がお母さんや支援者に必要です。

日常的にスケジュール表を使っていると、子どもにはパニックにならないで済む力が養われていくのです。

パニックが起こる状況とは?

再び出てきましたね。今回の説明が本当の状況です。

子どもは、周りの人(お母さんや支援者)から求めらることに、応える能力の限界を超えた時、拒否反応としてパニックを起こします。

自閉症の子どもも2歳ぐらいまでは、ほとんどパニックを起こしません。3歳ぐらいになってくると、「これをしましょうね」とか「これはダメですよ」とか「待ちましょうね」とかに従うことをお母さんから求められます。

2つのパターンがあるので、例でお話しします。

<例1>

最初の例は、子どもがおもちゃで遊んでいるとしましょう。お母さんは、子どもに着替えをさせたいとします。

子どもはお母さんが、「着替えをしましょうね!」と言っても、おもちゃ遊びをやめません。切替ができないんですね。お母さんは何度も「着替えをしましょうね!」と言い出します。子どもが動かないと、お母さんは子どもの服(パジャマなど)を脱がせて、服を着せようとします。子どもが身体で抵抗すると、うまく着替えされられません。お母さんがイライラしながら、無理やり服を着せます・・・。

子どもが、着替えをしないといけないとは理解していません。子どもはおもちゃ遊びを続けたいのです。それでも、子どもはお母さんからの要求を拒否できません。・・・。すると、興奮して癇癪を起こしたり、パニックになったりします。

<例2>

もう一つの例として、子どもはコンビニに行きたくなったとしましょう。子どもは言葉で「コンビニ行きたい」と言う場合もあるし、お母さんに近寄ってきて身体で何かをアピールする場合もあります。お母さんは、今夕食の支度をしているので、子どもと一緒に外出ができないとします。

お母さんは子どもに、「今はダメよ。明日ね」と言うでしょう。それでも子どもは「コンビニ行きたい」と言い続けます。そのうち、お母さんは怖い顔をして「ダメ!!」と言うことになります。子どもは、今連れて行ってもらえないことを理解していません。とても行きたいのに、自分の要求が通らないので、・・・、興奮して癇癪を起こしたり、パニックになったりします。

子どもも家庭の一員である以上、自分のお支度を進めたり、自分の好きなことを待つなどの、お母さんからの求めに応えなければなりません。そんな求めに応える力がないと、子どもは拒否反応を起こしてしまうのです。

お母さんが求めているように、子どもに動いてもらうには!

今までは言葉で言っても次の行動になかなか動いてくれなかった子どもも、次にやること・その次にやることを見せてあげると、自閉症の子どももすんなり従ってくれます

「すぐやりたい」、「すぐ欲しい」と駄々をこねていたこともも、いつになったら欲しいものが手に入るかを見せてあげると、自閉症の子どももおとなしく待ってくれます

そんな風に、今やるべきことは何か、自分のしたいことはいつできるのかを見せるツールが、スケジュール表です。

今まで癇癪やパニックを起こしていたパターンのかなりは、スケジュール表を使うと解消されます。そして、日常的にスケジュール表を使っていると、子どもにはパニックにならないで済む力が養われていきます

なぜそんな力が養われるのか?は続編の記事をお読みください。

スケジュール表を使うと、家庭はどう変わって行くのか?

自閉症の子どもに、実際にスケジュール表を使い出したご家庭の様子も読んでみてください。

参考文献

[1] 「自閉症児のための絵で見る構造化」、佐々木正美監修、宮原一郎画、学習研究社刊行、2004年2月発行。

[2] 「じょうずなつきあい方がわかる自閉症の本」、佐々木正美監修、主婦の友社刊行、2009年3月発行。

[3] 「自閉症スペクトラムへのABA入門 – 親と教師のためのガイド」 シーラ・リッチマン著、井上雅彦/奥田健次監訳、テーラー幸恵訳、東京書籍刊行、2015年3月発行。

[4] 「自閉症スペクトラムの子どもたちをサポートする本」、榊原洋一著、ナツメ社刊行、2017年6月発行。

コメント

タイトルとURLをコピーしました