自閉症のパニックと癇癪を無くす方法とは?

自閉症のパニックと癇癪を無くす方法とは?

駄々をこねる。癇癪、パニック。

自閉症の子どもを育てているお母さんお父さんや、自閉症児者を支援している人にとって、最大の関心事は、「パニックや癇癪」を無くすことだと思います。

パニックや癇癪を無くすことはご家庭でも可能です

ただ、「これをすればパニックや癇癪が無くなる」ような明日にも効く方法や特効薬が無いのです。そこで、どんな支援を家庭で続けていくと、パニックが無くなっていくのかをお話ししたいと思います。

自閉症の子どものパニックの状態

突然、不安や怒りが爆発して、寄生を発したり、大声で泣きわめいたり、暴れまくったり、床にひっくり返ったり、何度も壁に激闘したり、手当たり次第物を投げまくったり・・・。典型的なパニックですね。

その他にも、自分の手に噛み付く、顔を引っ掻く、頭を壁にぶつけるなどのように、自分自身を傷つける行動は「自傷行動」と呼ばれます。また、友達を叩く、噛み付く、蹴るなどのように、他人を傷つける行動は「他害行動」と呼ばれます。

子どもはどんな時にパニックを起こしますか?

子どもがパニックになった少し前の状況と、パニックを起こした後の状況を思い起こしてください。とは言うものの、一旦パニックを起こしてしまうと、周りの人は大変ですよね。“どうしてパニックになるの? 1秒でも早く収まってよ!” と、周りの人の頭の中もパニック気味です。直前の状況や直後の状況をよく思い出せないのではないでしょうか?

  • 幼稚園の帰りにお母さんと一緒に郵便局に行った
  • 雨のために外出予定がなくなった
  • タブレット(iPad)は終わり、と言われた
  • 「着替えをしなさい」、と言われた
  • 好きなおやつが貰えない
  • オモチャが買ってもらえない
  • 初めての場所に行った
  • 知らない人が自宅に来た
  • 周りで誰かの泣き声がした
  • バスの扉が開く音がした

まだまだ他にもあると思います。

教科書的なパニック削減の方法とは

それでは、自閉症の入門書で解説されている内容を見てみましょう。

パニックの原因として考えられるものは:

  • 予期していないことが起きた
  • 言葉が通じていない
  • 自分の意思や要求が伝えられない
  • 今どういう環境に置かれているかわからない
  • 不快な刺激がある(音など)

が代表的です。

“パニックには原因があるはずだから、原因の根元を突き止めて、その根本を解決しよう” と行きたいですよね。

しかし原因の根本を突き止めることは、そもそも難しいことです。

そこで、パニックを起こしやすい状況を避ける事が、勧められています。

入門書の中のパニックの解説では、そこまでで、次の内容に移っている事が殆どです。パニックを起こしやすい状況は、頭の中では何となく理解できました。でも、どうやってその状況を避けたらいいのでしょうか?

入門書では、他にも自閉症の子どもの家庭での支援方法が解説されています。為になる支援が、いくつも解説されています。すべてを家庭に取り入れれば、パニックを起こしやすい状況は避けられそうです。

パニックや癇癪を起こす状況を避けるために

入門書や解説書では、パニックを避ける支援がいろんなパートに散らばっています。

そこで、パニックを起こす状況を避けるためのエッセンスをレポートにまとめました。自閉症の子どもを持つご家庭向けに、やさしくまとめました。ぜひ、レポートを読んでみてください。

あなたの家庭でも、パニックを起こさない支援ができます。

参考文献

[1] 「じょうずなつきあい方がわかる自閉症の本」、佐々木正美監修、主婦の友社刊行、2009年3月発行。

[2] 「自閉症スペクトラムの子どもたちをサポートする本」、榊原洋一著、ナツメ社刊行、2017年6月発行。

コメント

タイトルとURLをコピーしました