カレンダーが解決する自閉症の4つの困り事

日時:
2021年1月16日 @ 10:00 – 11:00
2021-01-16T10:00:00+09:00
2021-01-16T11:00:00+09:00
場所:
オンライン
参加費:
無料
お問い合わせ:
古林療育技術研究所

たった一つの間違いが、カレンダーを台無しにします

あなたは自閉症のお子さんを育てていて、こんな悩みがありませんか?

  1. 同じ予定を何度も聞いてくる
  2. 行きたい場所が待てない
  3. 嫌いな予定に抵抗する
  4. 問題行動が出ている

だとしたら、カレンダーの使い方を間違っているかもしれません。健常なお子さんと違い、自閉症のお子さんの場合、たった一つの間違いが、カレンダーを台無しにします。

カレンダーをうまく使うと、4つの困り事が解消できます

この60分のセミナーでは実演を交えて、困り事を解消するポイントをお伝えします。

  • なぜ普通の使い方では、自閉症の子どもは混乱するのか?
  • 子どもが大人しく待ってくれる安心材料とは!
  • これがあれば、嫌いな予定でも我慢してやるようになる
  • 問題行動カレンダーの信じられない関係

このセミナーを受講すると、あなたはこう変わります

  • 伝わらない見せ方と、伝わる見せ方の違いがわかります
  • あなたは、子どもの行動を楽にコントロールできるようになります。
  • 子どもの生活スキルが伸び問題行動が減ります

講師紹介:古林紀哉

古林紀哉

古林療育技術研究所 代表

岡山県倉敷市出身。大阪大学卒、同大学院修了。博士(工学)。日本電気、野村総合研究所を経て独立起業。2016年に自閉症支援製品「コバリテ視覚支援スタートキット」を開発して提供開始。2016年度グッドデザイン賞受賞。2017年度かわさき基準認証福祉製品。販売実績1,200セット以上。
三男は重度の自閉症。横浜在住。

コメント

タイトルとURLをコピーしました