視覚支援の効率化

シェアする

【第1話】 【第2話】 【第3話】

(収録時間:15分)

あなたはこの話を聞いてどう感じましたか?

この一年で、お子さまにどんなスキルをつけて欲しいですか?

といったことを、コメントに書いてみてください。

コメント

  1. 佐々木 正子 より:

    視覚支援のためのボードやカードは費用はどのくらいですか。

  2. OK より:

    はじめまして。
    私には自閉症と診断された3歳の男の子がいます。
    まだ診断されたばかりで、手探りで色々やっている段階です。
    今回のビデオ、とても参考になりました。

    うちの子は3歳なので、スケジュールがわからないかなと思い、
    残り時間が視覚化されているタイマーと写真で、「タイマーがなったら、ここに行こうね」というような事だけやっています。
    行き先がスーパーのようなところであれば写真のかわりに、ポイントカードを見せたりしています。
    今回のビデオを見て、作るのは大変だけど、スケジュールを示してみようかなと思えました。

    今はイヤイヤ期と自閉症のこだわりのせいでかんしゃくが多く、家族全員が困っていますが、
    古林さんのメルマガやビデオを参考に、家族全員笑顔で過ごせるように頑張ってみたいと思います。

    • 古林 紀哉 より:

      こんにちは、OKさん。
      コメントありがとうございます。
      タイマー&写真、スーパーの前のポイントカード、なかなか良い支援をしてあげてますね。手探りとは思えない。きっと勉強熱心で、良い療育専門書にめぐり合うことができたのだと思います。巷には良い情報も、あまり役に立たない情報も、両方増えていますので、ご家庭のできる範囲で最も効果の高い幾つかを少しづつ増やしていくのがいいと思います。

      お子様の成長と
      ご家族のゆとりのために!

  3. MTママ より:

    おっしゃるとおり、グッズを作るのが大変です。私は物を手作りすることがそこそこ好きな方ですが、人生はいろいろなハプニングがあるものですから子供のこと以外にもやることがたくさんあります。アイディアが湧いても実現するまでに時間がかかり、待ち時間のうちに何割かは実現しないままに消えてしまうのです。古林さんのグレイスを楽しみにしています。でもあまり高額になると買えなくて、泣く泣く手作りに切り替えることになります。次回の投資の問題にも興味津々です。それから、お風呂での身体洗い手順、洗髪手順、洗顔の手順なども細かく作るといいなとは思っています。面倒くさがるのですが、やはり面倒くさいの手順が分からないからという理由があるのではないかと思います。私が子供の支援グッズを作るのが面倒くさいのは、イメージを沸かすまでの集中力がしんどいという理由があります。本当になんでも、よいアイディアを思い浮かべるには集中力が要ります。 子供の努力を軽減するための支援を、これまた親もしんどくならない程度の努力で出来るようになりたいものです。どうぞよろしくお願いいたします。

    • 古林 紀哉 より:

      MTママさんがコメントしてくれたように、ご家庭でのご苦労を教えてもらえると、どんなグッズが必要かが大変参考になります。
      各ご家庭でのご苦労は、それは沢山あるのですが、その半分は他の家庭でも同じような苦労、残り半分は家庭特有の苦労だと思います。
      その半分に対しては、一度誰かが苦労して成果を共有したり、商品としてグッズを提供することができれば、皆さん随分と助かるのではないかと、いつも思っています。
      視覚支援という手法自体は、効果の出るという実績が多数あります。ですので、あとはグッズを何とかしてあげたいというのが、私の進んでいる道です。次のビデオで具体的にしていきます。

      お子様の成長と
      ご家族のゆとりのために!