自閉症・発達障害でも嫌がらずに注射をする方法(絵カードシート付き)

シェアする

自閉症 絵カード 視覚支援 注射器

注射

皆さんは、子どもの予防接種で苦労していませんか?

小児科の先生だから、きっと優しくて子どもにも慣れているから、注射も大丈夫だろうと考えてもダメです。子どもが一度、「嫌だ」と言い出して抵抗し始めると、言って聞かせても、、、泣いたり騒いだり暴れたりパニックになったり、、、危なくって例え名医でも注射なんかできません

私の息子もそうでした。まだ、小さい頃は、インフルエンザの予防接種に小児科に連れて行き、私と妻が息子を両側から押さえて、前を看護師さんがブロックして、注射の上手な先生が、ササッと注射をしていました。インフルエンザの予防接種は小さい子だと2回必要ですよね。2回目に病院行った時は、息子の抵抗が激しくてもう診察室に入ることさえできませんでした。

自閉症や発達障害の子どもに安全に注射をする方法は、スケジュールと視覚支援です。とても単純。注射の手順と注射の後のご褒美をスケジュール表にして見せてあげることです。

自閉症 発達障害 注射 絵カード 視覚支援 スケジュール

息子の場合、日頃から絵カードを使っていますので、その絵カードでスケジュールを組んて見せてあげました。1回目の注射では、抵抗がかなり減りました。注射の後は、お約束のマクドナルドへ行きました。2回目の注射では、なんと息子は自分から腕を先生の方に出しているではありませんか! 嫌なことは早く終わってしまいたいんですね。注射が終わったら、一目散に診察室から逃げ出していく息子です。そして、お約束のマクドナルドへ。

手順は、もうわかりましたね!

注射の後のご褒美を決めます。そして、病院、注射、ご褒美の一連の流れを見せてあげるのです。このスケジュール表を子どもに持たせておいてください。

みなさんが、簡単にスケジュール表を子どもに見せてあげるために、シートを作りました。
ダウンロードして、印刷してください。
ここから、無料ダウンロードのリクエストが出来ます。

自閉症 発達障害 注射 絵カード 視覚支援 スケジュール

左列は、サンプルです。そのままでも使えます。お子さんに合わせて右列を使って、移動手段やご褒美を書いてあげてください。

A4の紙そのままでも折って使えますし、ハサミで切り取ってジャバラのようにしても使えます。

自閉症 発達障害 注射 絵カード 視覚支援 スケジュール

最後に、注意があります。このスケジュールと視覚支援で、子どもの抵抗はとても少なくなります。しかし、子どもはお医者さんや注射が嫌いだってことは忘れないでくださいね。

ここから、無料ダウンロードのリクエストが出来ます。

子どもの成長と家族のゆとりのために!
古林紀哉