自閉症の子供を歯科通院に慣れさせる(絵カードシート付き)

シェアする

自閉症 絵カード 視覚支援 歯科診察台

皆さんは、子どもの虫歯対策をしていますか?

自閉症児者が虫歯になると大変なことが起こりますよ。一度虫歯になると歯の痛みは待ってくれません。自閉症の子供も大人も歯の痛みは我慢できず、痛くなるともう暴れるしか仕方がないんですね。暴れても痛みは治らない。歯医者に連れて行っても、おとなしく口を開けて治療なんて夢のまた夢です。自閉症の患者は、普通の歯科医院では手に追えないんです。歯科の世界では、障害者歯科とかスペシャルニーズ歯科と呼ばれるくらい、それは専門分野の一つになっています。以前までなら、自閉症者の歯科治療は、全身麻酔をしたり、ネットでぐるぐる巻きにして診察ベッドに縛り付け動けないようにして治療を行なっていました。そんな特別な歯科病院は、お住いの市内には一つぐらいしかありません。

自閉症の子供の歯科治療で有効な支援は、治療の内容を絵カードや写真にして、流れをスケジュール表で見せてあげることです。でも、そんな絵カード・スケジュールが歯科医院に用意されてるところは、日本国内ではまだ数えるほどしかありません。ほとんどは、自閉症の子供のお母さんの手作りです。

では、子どもの虫歯対策を説明します。

  1. 虫歯になりやすい食べ物や飲み物を取らない。
  2. 歯磨きを習慣化しておく。
  3. 歯科医院に行くことに慣れておく。

食生活と歯磨きは、別の機会に説明しますね。

私たちでも虫歯になって、歯医者さんにお世話になりますよね。自閉症の子供もいつかは虫歯になって歯科医院に行かなければなりません。自閉症の多くのご家庭では、虫歯になっていなくても、子供が小さい時から、歯医者さんに通わせています。少しずつ子供を歯医者に慣らせておくんですね。1ヶ月に1回、または、2ヶ月に一回、定期的に歯医者さんに過程が多いようです。

スケジュールと視覚支援が、歯科治療や歯科通院でも有効な手段なんです。

私の自閉症の三男は、日頃から絵カードを使っています。歯医者に行くときも、その絵カードでスケジュールを組んて見せてあげています。かなり手が込んでいるます、、、、、

そこで、このページをお読みの皆さんに、手軽に歯科通院の視覚支援ができるような、絵カードシートをご用意しました。

自閉症 視覚支援 絵カード 歯科通院 スケジュール

写真のようなスケジュール表があるだけでも、お母さんがお子さんを歯科医院に連れて行く苦労は、とても少なくなると思います。このようなスケジュール表をお子さんに持たせておいて、「今日は歯医者に行くよ」、「待合室で待ってます。」、「診察室に入ります。」と見せてあげてください。

みなさんが、簡単にスケジュール表を子どもに見せてあげるためのシートです。
ダウンロードして、印刷してください。
ここから、無料ダウンロードのリクエストが出来ます。

自閉症 視覚支援 絵カード 歯科通院 スケジュール

A4の紙そのままでも使えますし、ハサミで切り取ってジャバラのようにしても使えます。

なお、このシートで利用したイラストは、
有料の【コバリテ絵カードシート】の素材を使って、作成しています。
歯科関係のコバリテ絵カードシートの詳細は、
こちらをご覧ください

このページで紹介した、絵カードシートは無料です。
ここから、無料ダウンロードのリクエストが出来ます。

子どもの成長と家族のゆとりのために!
古林紀哉