絵カードの作り方

シェアする

自閉症の絵カードの作り方は、2017年に大きく変わりました。それまで、多くのお母さんたちが絵カード作りを諦めていました。作り方がわからない、、、。作る時間がない、、、。しかし、2017年5月に登場した絵カード作成Webアプリがその状況を一変させました。

絵カード作りは、今も昔も4つのステップで行います。

  1. イラストや写真の素材集め
  2. 絵カード印刷データの作成
  3. 絵カードのプリントアウト
  4. 紙の絵カードの整形と補強

スマホお母さん向けの作り方では、スマホとハサミとコバリテ・カードフォルダーがあれば、絵カードを作ることができます。

「ちょっと待ってください。プリンターはいらないのでか?」

はい。プリンターがなくても大丈夫です。でもプリンターを持っているお宅であれば、10分もあれば絵カードを作ることができます。

スマホお母さん向け自閉症の絵カード作り方講座

ステップ1: イラストや写真の素材集め

もしもお子さんの身の回りの物の絵カードを作りたいならば、スマホで写真を撮ってください。

それだけです。

自閉症の絵カードでよく使われるイラストは、次のステップで準備されています。あなたが用意する必要はありません。

ステップ2: 絵カード印刷データの作成

写真プリント絵カードここでは、写真L版サイズから6個の絵カードをとるデータを作ります。

その絵カードデータを作ってくれるのが、絵カードセンターにある絵カード作成Webアプリです。初級、中級、上級のコーナがあります。初級から順番に慣れていってください。スマホでもPCでも使えます。あらかじめ用意されているイラスト、スマホで撮った写真、インターネット画像検索など、いろんな素材から絵カードデータを作ることができます。5分もあればできてしまいます。データを保存すると、スマホの写真アルバムに保存されます。

クレジットカードの大きさの絵カードを作りたいときは、クレカサイズの絵カード作成Webアプリがあります。写真L版サイズから2個の絵カードが作れます。

ステップ3: 絵カードのプリントアウト

ご自宅にプリンターがあれば、写真L版の用紙に印刷してください。

プリンターなしの方は、カメラのキタムラのような写真屋さんにスマホを持っていきましょう。店員さんに手伝ってもらって写真現像してください。10分ぐらいで出来上がりますよ。または、セブンイレブンのようなコンビニでも写真現像することができます。

ステップ4: 紙の絵カードの整形と補強

写真L版にプリントアウトできたら、ハサミの登場です。枠に沿ってハサミで絵カードを切り離してください。

注意点ですが、写真L版といってもプリンターや写真屋さんで現像サイズが多少違ってきます。正確に大きさを合わせるときは、ハサミを使う前に、ものさしで長さを確認してください。

自閉症 絵カード作り方

切り取りが終わったら、コバリテのカードフォルダーに入れて、完了です。(クレジットカードの大きさの絵カードは、カードフォルダーには入りません。ラミネート加工などで補強してください。)

旧来の作り方について

ここで旧来の作り方について説明します。今までの人たちは、実はこんな苦労をしていたというお話です。

ステップ1: イラストや写真の素材集め

素材集めだけでも4種類の出どころがあったのですよ。1) CD-ROMでイラストデータを購入する、2) インターネットで無料配布場所を見つける、3) 画像検索で見つけてくる、4) 自分でデジカメ(スマホを含む)で撮る。

そうやって集めたデータをパソコンのホルダーで管理していました。

ステップ2: 絵カード印刷データの作成

パソコン上のエクセルかワードを使います。A-Oneのラベル屋さんという無料ソフトもよく使われていました。

最初の印刷データを作るのが超難関です。大きさはどうする、線は入れるの、文字はどう配置する、、、などなど。一度作れば、次回からは少しは楽になりますが。

パソコンのソフトは機能が豊富すぎて、どこをどうすればいいのかもうわからない状態ではないでしょうか。

ステップ3: 絵カードのプリントアウト

パソコンのソフトのプリントボタンを押すだけです。

ところがスマホお母さんにとっては、ここが最大の難所です。自宅にプリンターがない。パソコンもない。どうしようもない。

ステップ4: 紙の絵カードの整形と補強

ハサミで切り離すのは終わったとしましょう。

絵カードの補強には、ラミネートフィルムを用います。いわゆる「パウチ」です。パウチするために、ラミネーターを購入する必要があります。

ラミネートが終わったら、もう一度ハサミで大きさを揃える必要があります。最後に、絵カードの裏に、マジックテームを取り付けていました。

従来の作り方については、動画講座がありますので、お時間のある時にご覧ください。

webiner_3従来の自閉症児向け絵カードの作り方

この動画では従来の方法で、ご自宅で絵カードを作る方法を解説しています。ラミネーターを使った一般的な絵カードを作ります。必要な工作道具もしっかりわかりまます。PECS(ペクス)のコミュニケーション用の絵カードに向いています。カンタンに見えますが、とても手間暇のかかる作業です。

子どもが生き生きするスケジュールと視覚支援。自閉症の子供が簡単に使えて、お母さんも作り替えが簡単!