自閉症養育向けの時計絵カード(ICT普及が療育のハードル?)

シェアする

まず質問です!

1) あなたの自宅にはプリンターがありますか?

2) 自宅にパソコンがありますか?

3) パソコンでエクセルが使えますか?

この3つ質問の答えが、全部ノーの人が増えています。

コバリテ視覚支援スタートキットの購入検討をしている方からの、問い合わせの電話が増えてきました。

お悩みは、「IT音痴で、絵カードが作れません。」が、圧倒的に多いです。

それでも、スマホは使ってるんですね。

スマホという、ICTの最先端を皆さんが持つようになりました。
そして、家庭からはパソコンやプリンターが無くなろうとしています。

絵カードを作れる家庭が少なくなっているのです。
だから、いくらイラストデータがあっても、絵カードに加工できません。
イラストデータが役に立たないのです。

それでも、スマホから写真の現像は、出来るんですね!!!

スマホをカメラのキタムラやコンビニに持っていくと、写真をプリントできます。

ということで、私は、
写真プリントできる絵カードを中心に考えることにしました。

その第一弾が、
時刻の入った時計の絵カードです。

時計の絵カード作成コーナー(35x35mm, 6個)
写真L版サイズに、時計が6個取れます。

時計イラスト 自閉症 絵カード

写真プリントしたら、ハサミで切って、使ってください。

お試しあれ ^-^

子どもの成長と家族のゆとりのために!

古林 紀哉