自閉症の子どもが社会を覚える場所 – 僕は幼稚園の砂場で社会を、、、

シェアする

秋の大型連休も終わり、少しずつ涼しくなってきましたね。

その大型連休のど真ん中で、
ちょっとブラックなレポートを
紹介してしまいました。

気分を損ねちゃいましたか?

でも、自閉症の子どもが
スケジュール表の内容を
一生懸命に頑張るのは本当なのですよ。

今日は、そのお口直しをしましょう。

9月の半ばに、
自閉症の子どものスケジュールボード
に関係する短いレポートを
3つ書きました。

その3つ目です。
タイトルは、
自閉症の子どもにとって、スケジュールボードは社会への入り口

この3部作で、ひとまずは終わりです。

「僕は幼稚園の砂場で社会を覚えました。僕が砂場で山を作っていると、その山を友達に壊されました。僕は泣きながら、その子を突き飛ばして喧嘩をしました。

続きは、ウェブでお読みください。
4ページの短い内容です。

レポート – 自閉症の子どもにとって、スケジュールボードは社会への入り口

全文を公開中です。(PDFもあり)

コメントや、シェアーも
大歓迎です。

子どもの成長と家族のゆとりのために!

古林 紀哉

コメントの入力は終了しました。