「手のつけられない子ども」とはもう言わせない! 

シェアする

なんとも挑戦的なタイトルですね。

これは私が、昨日まとめた
6ページの短いレポートの副題です。

本当のタイトルは、

自閉症の子どもにとって、スケジュールボードは自分の頭脳の一部

です。

スケジュールと視覚支援について、私がレポートを書いたのは
実はこれが3回目なのです。

1回目は、昨年の12月で、メルマガ20回分の連載でした。

2回目は、今年の3月で、28ページのレポート。

そして3回目の今回が、この6ページのレポート。
http://theprompt.jp/rp-2016-02-boardisbrain/

全文を公開中です。(PDFもあり)
今回は、専門用語を使ってないし、
ABAの知識が全くなくても大丈夫です。
だから、
8分ぐらいで普通に読めると思います。

フェイスブックに昨日、アップしていたら、
自閉症とは関係ない友達から

大変、明快でわかりやすいです。
考え方は、健常者という範疇にいるだろう方々にも使えそうです。

なんてコメントをもらいました。

分かりやすいと思いますので、
秋の連休に入る前に、
ぜひお読みください。

自閉症の子どもにとって、スケジュールボードは自分の頭脳の一部

コメントや、シェアーも大歓迎です。

子どもの成長と家族のゆとりのために!

古林 紀哉