自閉症の子どものお母さんがスケジュールを始めない言い訳(しゃべれない子編)

シェアする

あなたの子どもは自閉症で、しゃべることがまだできません。
あなたはきっと、「スケジュールと視覚支援」や「構造化」という言葉は知っていると思います。

最初に質問です。

Q1:あなたは、子どもにスケジュール表を使ってあげていますか?

もし、スケジュール表を使っていないなら、2番目の質問があります。

Q2:なぜ、スケジュール表を使わないのですか?

いろいろな答えがある中で、私が一番多く聞いた理由は
「うちの子は認知が低くて、イラストが理解できないの。実物は理解できるのだけど・・・」
でした。

そういう気持ちもよくわかります。

子どもがしゃべれないので、お母さんは頑張って絵カードを使おうとしたこともわかります。

でも、

自閉症の子どもが、初めのうちはイラストが理解できなくても、使っているうちに分かるようになる、ということを知っていますか?

絵カードの絵やイラストには、いろんなものがありますよね。

「実物」、「写真」、「イラスト」、「簡単なイラスト」

“分かりやすい”というのは、最初に見た時と、使い続けた時とでは状況が変わるのです。

トイレを例にしましょう。

最初に、写真やイラストを見たときは、子どもが日頃使っているもの(トイレ)と似ていると分かりやすくなります。だから、同じ写真やイラストであっても、子どもによっては分かりやすさが違います。子どもの頭の中の記憶によって、その記憶に近ければ分かりやすく、違っていれば分かりにくいのです。

自分の家のトイレとは、ちょっと違ったトイレのイラストだったとしましょう。そのちょっと違う”トイレ”のイラストを、トイレに行く時にはいつも使うことを続けたとしましょう。だんだんと、その”トイレ”のイラストと、”トイレ”に行くという意味が子どもの頭の中で結びついていきます。

最初に見た時は、”トイレ”だとわからなかったイラストであっても、子どもはちゃんとトイレだとわかるようになります。

新しく絵カードを作った時、一週間ぐらいはその絵カードを使い続けてみて下さい。きっと意味がわかるようになりますから。

5分で概要を理解する、
パニックの多かった自閉症の子どもが、笑顔で動けるようになるスケジュール表の秘密

効果100倍!自閉症児へのスケジュールと視覚支援講座へ戻る