最適より最大公約数 (絵カード)

シェアする

私は長く工学や工業の世界いたので、自閉症のお子さんの療育の考え方もその影響を受けています。

その一つが「標準化」です。

標準化とは、みんなで同じ物や、同じやり方を使うことです。

最適なものをみんなで使う! という意味ではありません。

それぞれの人は状況が違うので、それぞれの人に最適な物ややり方は異なります。

みんなが同じやり方をしていると、小さな改善でも積み重ねが可能で、改善が進みます。

私たちの身の回りもの、市販されているものはほとんどが標準化の恩恵を受けていますよ。
・電球のソケットの大きさ
・クレジットカードの大きさ
・SUICA, ICOCA, TOICAなど
・スマホの部品は標準化の宝庫です。

標準化できるものには、やり方と物の2つがあります。
療育でいうと
やり方は療育方法、
物は教材や支援グッズ
ということになります。

例えば、絵カードの大きさ。

みなさんのご家庭や学校ではどんな大きさの絵カードが使われていますか?

大きさが統一されていると、
1)作る時に悩む必要がない
2)使う時に混乱がない
3)他からもらった時に直ぐに使える
という利点があります。

自閉症療育の支援グッズは、標準化という考え方がほとんどありませんね。
各家庭で、大きさがバラバラ。
学校でもクラスが違えば、大きさが違う。

ここの販売という行為が入ると、標準化が進み始めます。
ピラミッド教育アプローチがそうですね。
PECSで使用する絵カードを販売しています。
大:45 x 45 mm
中:35 x 35 mm
小:25 x 25 mm

ザ・プロンプトサイトでは
絵カード作成用のエクセルテンプレートを公開していますが、
絵カードのサイズは、
大:45 x 45 mm
中:35 x 35 mm
小:25 x 25 mm
にしています。

私の会社で販売している、
コバリテ視覚支援スタートキットの
絵カードのサイズは、35 x 35 mm
です。

他の家庭で使われている絵カードの大きさと、
自分の家庭で使っている絵カードの大きさを合わせていくと、
思わぬ恩恵がやってきますよ^-^
そういえば、大河ドラマの「真田丸」で、升の大きさを統一するという話題もありましたね。

お子様の成長と
ご家族のゆとりのために!

古林 紀哉